ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

怒っても伝わらないんじゃ意味がない!イライラの感情が爆発した後にできること by うだひろえ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
怒っても伝わらないんじゃ意味がない!イライラの感情が爆発した後にできること by うだひろえ f:id:akasuguedi:20170322192837p:plain

家事育児に追われる日々は、自分の「感情」との戦いの日々、でもあります。

以前の記事で、「イライラ感情の見える化」をするようになったこと、書きました。 過去記事:このイライラを何とかしたい!!「ママのイライラ図」で感情を見える化してみたら… byうだひろえ

これによって、イライラした時、感情が爆発する前に、冷静になれることが増えました。 また、他にも、「怒鳴るくらいなら無言を決め込む」ということもやっています。 過去記事:怒鳴るより、「無言」の方が効果アリ?子どもへの声かけの理想と限界 by うだひろえ

怒りの感情がぐわっ!となって、大声となって出てしまいそうな時に、グッとこらえることができれば、怒鳴る必要はない、とわかり、できる限りやるようになりました。

しかし。

それらを頭でわかっていても。

「これ片付けてね」

「これ片付けて、お願いね」

「これ片付けてってお願いしてるんだけど、聞いてる?」

「ねえ、片付けてってば」

「ちょっと!かーたーづーけーてーーー!!!」

言葉を選んで、こらえるたびに、ドカドカと積もっていく、イライラ。

「コラァァァ!!片付けろって言ってんだろーーー!!!」

びくっ!

目を見開いて、びっくりした顔をする子どもたち。

(あ……)

その表情が、スローモーション、ゆっくり、ゆっくり、くしゃくしゃになる。

(しまった……)

「うわあああああん!!」目から大粒の涙が流れる。

(やってしまった……)

思っても遅い。引っ込みもつかない。

「ったく!何回言っても片付けないからでしょ!!」

大きくなる泣き声。グサグサと刺さってくる。

けど、子どもたちが「ごめんなさい」と言うまで、気が収まらない……。

私、なんでこんな風になっちゃうんだろうーーー。

子どもたちの寝顔を見ながら、反省する。

イライラし始めたらやること、カッとなった時に黙ること、は、できるようになってきた。 けど、ハッと気付いた時に、もう怒ってしまっていたら……?

「何かできることはないのかな……」

もしあるなら、見つけたくて、私は、怒っている時の自分を絵に描いてみました。

大きな声。

キツイ言葉。

威圧的な態度。

「鬼母だ……」

我ながらそう思いました。

そりゃ、びっくりして、子どもたち泣くわ、と。

怖くて、とりあえず「ごめんなさーい!」と言うわ。

でも、私は、子どもたちを怖がらせたくて、怒っているわけじゃなくて。片付けができるようになってほしくて、何度も言って、それが伝わらなくて、イライラして。

「それで怒って、伝わらないんじゃ、意味ないよね……」

かといって、鬼母が、いきなり「いつも笑顔のお母さん」に、なれるわけがない。 問題は、子どもが「怖がる」ほど、怒ってしまうこと。

ならば……。

後日。 今日も今日とて、イライラがドッカーン。

「いいかげんにしろーーー!!!」

怒鳴ってしまってから。

ハッとする、またやってしまった……。けど、まだ間に合う!

大きな声、キツイ言葉、仁王立ち。

1つ、やめてみる。

仁王立ちをやめて、しゃがみこんで、子どもたちと目線を合わせてみる。

「コラッ!いいかげんにしろっ!」

「だって、だって~~~~」

子どもたち、いきなり泣き始めることはなく、何かを言いたそうにしている。

「なに?言ってみな」

言葉はまだキツイ、けど、顔が真正面にあるし、こちらの言葉をちゃんと聞いてることがわかるから、怒鳴ることはしなくなる。

「きょうりゅうつくってたの!」

「おえかきしてたの!」

ママの言葉を後回しにした理由を教えてくれる。

「そっか」

カチカチに固まっていたイライラの山が、溶けていくのを感じる。

「それは忙しかったね。じゃあ、ひと段落したら、お片づけできる?」

まん丸の目が、私の目をじっと見てくる。「うん!」

伝わった。なんだ、けっこう簡単なことなんじゃん。

思ったら、なんだかニヤけてしまって、そんな私を見て、子どもたちもフフッと笑って。

いきなり完璧な「笑顔のお母さん」になるのは、私には無理だから。 1つずつ、少しずつ、できそうなことからやっていこう!と思った次第です。 前回エピソード:脱・ツーカーの仲!家族内コミュ力を鍛えるための「言わなきゃわかんない警報」発令中~! by うだひろえ

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ

年齢:アラフォー

子どもの年齢:5歳と3歳

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。5歳男児&3歳女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ 流し中。

website:http://umeyon.net

最新刊:「伝えるチカラを身につけたらダメ旦那が稼げる男になりました」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

うだひろえ

うだひろえさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

2人目はマタニティブルーにならないと思ってたのに…。実母の気まぐれに翻弄され涙
赤ちゃんは大変で当然、ママはラクをするな…「自分でかけた呪い」に気づいた日 by つかさちずる
ストレスとの向き合い方について

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。