体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【イベレポ】「アウトローな生き方について考える」新しい時代のライフスタイル学

【イベレポ】「アウトローな生き方について考える」新しい時代のライフスタイル学

もっともっと人と違う(=アウトローな)生き方がしたい。そう思っていても、日本社会の枠組みの中ではやりづらいでしょう?だって、周りと同じことをやって高い成果をあげた人が評価されますから。

今回は、旅人界のレジェンドであり名著を生み出す作家でもあるロバート・ハリスさん、美容師として髪を切りながら世界一周をした藤川英樹さん、社会とLGBTの溝を埋める面白くさりげない活動を続ける太田尚樹さんをお呼びしました。

この3人から、人と違うアウトローな生き方ってなんだろう?ということを感じ取っていただき、悩んでいるあなたの助け舟となれば幸いです。

*こちらは旅大学の講座「アウトローな生き方について考える」新しい時代のライフスタイル学のイベントレポートです

 

”アウトローな生き方について考える”新しい時代のライフスタイル学の講師

ロバート・ハリス/Robert Harris 横浜生まれ。高校時代から国内、海外をヒッチハイクで旅する。大学卒業後、東南アジアを放浪。バリ島で1年を過ごしたのち、オーストラリアに渡り、88年まで16年滞在。シドニーで書店兼画廊「エグザイルス」を経営する。また、映画、TVなどの製作スタッフとしても活躍。帰国後、92年よりJ-WAVEのナビゲーターに。 現在、作家としても活躍。その独自の生き方や世界観が若者やアーティストから熱く支持されている。著書に『エグザイルス』『ワイルドサイドを歩け』『黒く塗れ!』『人生100のリスト』『アフォリズム』などがある。

 

20歳から美容一筋でもがくも、25歳~28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、貯金も職も家もなく再び東京へ。がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー) playhair を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげに溺れる。一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。ただいま奮闘中。

 

1988年大阪府生まれのゲイ。大学在学中の旅が転機となり、セクシュアリティをオープンにすることを決意。卒業後、新卒で(株)リクルートホールディングスに入社。ブライダル事業本部にて、大手結婚式場の集客・出店戦略のコンサルティグを担当。仕事に熱中する一方で、セクシュアルマイノリティとして社会で生きることの難しさを痛感し『やる気あり美』を発足。『人の意識を最も変え得るのはエンターテイメントだ』というポリシーのもと、「ちゃんと面白いけど、さりげなく多様なセクシュアリティへの理解が深まる」コンテンツをWEBサイトにて配信する。2015年3月にリクルートを退職し、現在はLGBT関連新規事業開発に従事。

 

どうしてこの3人なの?「レール外れて楽しそうに生きてるな」って感じるから

TABIPPOの社長「今回の講義にあたって、アウトローって誰かなあと考えてポンポンポーン!と上から浮かんだ3人をお呼びしました」。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会