体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

独占!デス・トルーパーが『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で生まれた舞台裏に迫る

エンタメ
独占!デス・トルーパーが『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で生まれた舞台裏に迫る

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、米国では4月4日のブルーレイ/DVDの発売に先立ち、デジタル配信がDigital HDとDisney Movies Anywhereで3月24日から始まった。AOLの映画サイトMoviefoneではボーナス・コンテンツのうち、ティーザー予告を1本独占入手したのでここでご紹介しよう。これはスクープ映像と言える。

このミニ・ドキュメンタリーでは、あの恐ろしいデス・トルーパーのデザインと創案に焦点が当てられている。デス・トルーパーはベン・メンデルソーン演じるクレニック長官の手足となるエリート集団で、ストームトルーパーの中の特殊部隊のような存在だとされているが、その姿は恐ろしいのひと言だ。スラリとして優雅さすら感じるが、やはりそこには恐ろしさを感じさせる。この映像は短いものだが、これまでに筆者が聞いたこともない”オイシイ話”が明らかにされている。実は、デス・トルーパーはオリジナル・シリーズでコンセプト・アートを手がけた故ラルフ・マクォーリー氏によるスケッチを基にデザインされているというのだ。同氏の独特なスタイルは最近の『スター・ウォーズ 反乱者たち』や『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などの作品でも生かされている。良いアイディアというのは消え去ってしまうことなく、何十年もあとになってまた表に出て来るということなのだ。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は日本では4月19日(水)から先行デジタル配信開始、同28日(金)にブルーレイ/DVDが発売となる。

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会