ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【注意】日中の突然の眠気、それ病気かも!「ナルコレプシー」の怖さ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「過眠症」といえば読んで字のごとく、眠り過ぎてしまう病気です。(えっ、眠ってしまうのが病気なの……?)と戸惑う人もいるかもしれませんが、じつはこの「ナルコレプシー」(Narcolepsy)という病気、バカにできない深刻な症状だったりするのです。


週刊ポスト
Fujisan.co.jpより

日中に突然襲いかかる睡魔

 

ちょっと眠いなと思うときって、前日の夜にあまり寝ていなかったり、生活リズムが乱れていたりするものです。お昼過ぎに、ついつい居眠りしてしまったなぁという人も多いでしょう。でも、このナルコレプシー、普通じゃありえないタイミングで眠くなります。

 

たとえば、食事をしているとき、電話をしているとき、大事な打ち合わせをしているとき……。脳が覚醒しやすい緊張状態のときにも、突然急激な眠気に襲われます。その睡魔は三日三晩徹夜したほど強烈なもの。日中に、場所や状況をかまわずにやってくるのが特徴です。

 

日本人がいちばん多い?他人事ではない発症者の傾向

別名「居眠り病」ともいわれるナルコレプシーですが、日本人の発症率が多いといわれ、世界で約1000~2000人に1人が発症するのに対し、日本では約600人に1人の割合。発症する年齢は10代が多く、14~16歳の思春期前後がピークだといいます。

 

また、ナルコレプシーになった場合、周囲の理解がないと、本人は辛い状況に追い込まれます。なぜなら、自分の意思とは関係なく、抗えないほど強力な睡魔が襲ってくるので、病気だとわからなければ、いつも眠っていてアイツは不真面目、やる気がないといった誤解を受けてしまうからです。

 

病気のサインを知っておく

病気なのか、ただの眠気なのか――。見極めるためにはナルコレプシーならではの特徴を理解しておくことです。日本睡眠学会によれば、以下の特徴があるといいます。

 

情動脱力発作(カタプレキシー)

大笑いしたり、興奮して怒ったり、主に強い感情の起伏をきっかけに、全身あるいは膝や腰、顎などに力が入らず、脱力状態になってしまう症状です。脱力状態は瞬間的で、ときに数分間~数十分間、脱力状態が続くこともあるとか。ただ、てんかんの発作と違い、意識ははっきりしていて、呼吸が苦しくなることはないそうです。

 

入眠時幻覚

眠りについた途端、現実感をともなったリアルな夢を見ます。得体の知れない人や物が襲い掛かってくる幻覚によって、強い恐怖感をともなうそうで、現実と幻覚の区別がつかなくなるほどだといいます。

 

睡眠麻痺

入眠時幻覚による不安や幻覚とともに、全身の脱力状態が起きる症状です。強い恐怖にかられるのですが、身動きが取れないため、俗にいう「金縛り状態」になってしまい、声を出すことさえできないといいます。

 

ナルコレプシーの診断基準としては、①の情動脱力発作があり、日中反復する居眠りが毎日、3カ月以上続くこと、とされています。②の入眠時幻覚と③の睡眠麻痺はよく起こりがちな症状だそうですが、必ずしも発症するものでもないといいます。

 

脳内物質「オレキシン」を日本人が発見、根本治療へ


週刊東洋経済
Fujisan.co.jpより

これまでの研究によって、ナルコレプシーの発症に、脳内物質「オレキシン」が関係していることがわかっています。日本人が1998年に発見したこの物質、簡単にいうと、脳の覚醒状態を維持する機能があるそうですが、この物質が不足してしまうために、急激な睡魔に襲われてしまうと考えられています。

 

とはいえ、オレキシンが本格的な治療に活用されるのはまだまだ先のこと。

 

現在は、薬によって眠気をコントロールしながら、生活指導をして症状を改善していくのが主な治療で、これで症状改善ができるといいます。もし、眠くて日常生活にも支障があるという人は、インターネットなどで専門医を探してみるといいかもしれません。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。