体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『CX-5 先進安全技術体感試乗会』に行ってきた!後編 ~参加者の声編~

▲新型マツダ CX-5に搭載された先進安全技術を体感している様子。どれも実用的な機能ばかりで一般道で使ってみたくなった

▲新型マツダ CX-5に搭載された先進安全技術を体感している様子。どれも実用的な機能ばかりで一般道で使ってみたくなった

車好きの若者に新型『CX-5』と『i-ACTIVSENSE』はどう映ったのか

2月22日に湘南マツダが大磯ロングビーチで開催した、『CX-5 先進安全技術体感試乗会』。試乗会様子をお届けした前編、中編に続いて、後編では、実際の参加者の声に触れてみたいと思う。

▲普段は年式の古い車に乗っていることもあり、最新の安全技術には興味津々。普段はMT車に乗っており、運転に自信がある彼はどう感じたのだろうか?

▲普段は年式の古い車に乗っていることもあり、最新の安全技術には興味津々。普段はMT車に乗っており、運転に自信がある彼はどう感じたのだろうか?

唯一の学生である松井純平さんは、普段はNB型ロードスターのMT車に乗っている。「若者の車離れ」と叫ばれるなか、車を操る楽しみを知る若者のひとりだ。だからこそ、マツダ 統合制御システム開発本部 上席研究員の大村博志氏が語った「ドライバーを中心にした安全」という言葉が印象に残ったという。

『i-ACTIVSENSE』に関しては「後方からのバイクのすり抜けにヒヤッとしたことがあるので、『BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)』はありがたい機能だと思います。あと、車の陰から人や自転車が急に飛び出してくると避けられないので、『アドバンストSCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)』が付いていると安心ですね」と語る。

『GVC(G-ベクタリングコントロール)』については、「車体が大きい割にステアリング操作がしやすくて乗りやすかったですね。ただ、自分が運転しているとき以上に、後部座席に座っているときに揺れなくて、その快適性に驚きました」とのこと。また、ドライブで遠出することも多いそうで「『MRCC(マツダ・レーザー・クルーズ・コントロール)』は、ドライブ先で疲れないから、観光やレジャーを存分に楽しめそうです」という感想を述べてくれた。

▲インタビュー前は物静かなに見えていたが、いざ車の話になると目を輝かせながら話してくれた。車が大好きだということが話しているだけでよくわかる

▲インタビュー前は物静かなに見えていたが、いざ車の話になると目を輝かせながら話してくれた。車が大好きだということが話しているだけでよくわかる

先進技術ではないがインパネ類に関しても、「目に入りやすく操作しやすい位置にボタンがある」と評価。「運転中にエアコンの操作に意識が集中して、ヒヤッとしたことがあったので、こういったユーザーインターフェースも安全につながると思います」と続けた。

「自分がNBロードスターに乗っていることもあって、マツダは運転が楽しい車をつくっている印象でしたが、最先端技術もすごいんですね」と締めくくってくれた。

マツダの先進安全技術を搭載した車を両親に勧めたい

フリーランスのグラフィックデザイナーをしている土屋絵理さんは、普段、『MINI CLUBMAN』のディーゼルに乗っている。この日は、『CX-5』のディーゼルエンジンを確かめたいと試乗会に臨んだ。

▲仕事柄自分で車を運転し移動することが多いという。それだけに普段乗る車選びはとても重要なようで、真剣なまなざしでCX-5を試乗していた

▲仕事柄自分で車を運転し移動することが多いという。それだけに普段乗る車選びはとても重要なようで、真剣なまなざしでCX-5を試乗していた

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会