ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ただいまを表す英語のフレーズ15選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本では当たり前のように使う「ただいま」「おかえり」という帰宅時の言葉。しかしながら、英語ではこれらの言葉が違った表現になることをご存知ですか?

普段から日本語で使いまわしている表現でも、英語だと意外と分からないのが「ただいま」「おかえり」の言い方です。

特に海外でホームステイを予定している方は、覚えておくと非常に便利です。それでは、今回は海外で使える、「ただいま」「おかえり」を表す英語フレーズを15選ご紹介いたします。

*編集部追記
2017年3月公開の記事に、新たに5フレーズを追加しました。
 

海外で実際に使った時のエピソード

photo by pixta

英語圏では、日本の「ただいま」のように具体的な帰宅の表現はありません。しいていうならば「I’m home / back.(帰ったよ。)」ですが、これはやはり長い間家を留守にしていて、やっと帰ってきた時に使う場合が多いので、普段の生活で口にするのは不自然です。

「Hello! / Hi!(やあ!)」、「How was your day?(今日はどんな日だった?)/ Hi, how was work?(仕事はどうだった?)」といったフレーズの方が自然です。

私がカナダでホームステイしていた時は、学校から帰ってくるとホストマザーから「How was your school?(学校はどんな感じだった?)」とよく聞かれました。なので、帰宅する前に何を言うか考えて帰ることが多かったです。

ホストマザーと学校であったことを話すことで、スピーキングの練習にもなりました。
 

ただいまを表すフレーズ

photo by shutterstock

1.Hello!
おーい!

2.Hi!
やあ。

3.Hey.
やあ。

photo by shutterstock

4.I’m home.
帰ったよ。(長い間留守にしていて、久しぶりに帰ってきたときなどに使うことが多い。日常生活ではあまり使わない)

5.I’m back.
帰ったよ。(長い間留守にしていて、久しぶりに帰ってきたときなどに使うことが多い。日常生活ではあまり使わない)

6.Here I am!
ただいま!

関連記事リンク(外部サイト)

社会人でもできる英語の勉強法11選
間違えやすいカタカナ英語の発音31選
【どこかにいる】20ヶ国語でありがとう!【優しいあなたへ】
「英語が苦手なあなたへ!」英語を話すために知っておきたい、英語と日本語の9つの違い

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。