体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マンション理事になりたくない私が、「スーパー理事集団」の交流会に参加してみた

マンション理事になりたくない私が、「スーパー理事集団」の交流会に参加してみた

このページをご覧の皆さんは、マンション管理組合の役員、いわゆる理事を経験されたことはあるだろうか? 筆者はマンション住まい歴2年だが、理事になったことはまだない。そして、できればなりたくない。なぜなら「大変そう」だから。

そんな無責任極まる筆者だが、この度「理事交流会」なるイベント取材のお声が掛かった。いずれは順番がまわってくるであろう理事の仕事やその意義について、改めて考えるきっかけになるかもしれない。開催場所のマンション「ブラウシア(千葉県千葉市)」を訪ねた。

マンションの「理事」って、なぜ必要なの?

そもそもマンションの理事とは何か。分譲マンションの区分所有者、つまりマンションを購入した人は否応なく固有の組織「管理組合」に所属しなければいけない。管理組合では、共用部の使用や修理、ルールなどについて話し合うが、都度住民全員を招集するのは難しいため、組合員の代表者である理事が意見・要望を取りまとめている。

理事は住民が持ちまわりで務めるのが一般的だが、なかには渋々引き受けている人もいるのではないだろか。実際、筆者が住むマンションでも「理事のなり手不足」が問題になり、輪番制で義務化にするかどうかの議論がはじまった。それだけはご勘弁を……と尻込みしている状況を知ってか知らずか、編集部から「千葉みなとにあるブラウシアというマンションで、理事たちの交流会があるので取材に行ってもらいたい」と声が掛かった。

前段が長くなってしまったが、聞けばマンション管理界隈でブラウシアは、“リーディングマンション”として名が知れているそう。今回は、首都圏にある18のマンション管理組合の理事たちがブラウシアに足を運び、交流を図る試みなのだとか。

まるで会社!? な管理組合を組織しているブラウシア

千葉みなと駅からほど近くにある「ブラウシア」は、2005年に完成した438戸のマンションだ。当初は、多くのマンションに共通するように、管理は管理会社にお任せだったそう。しかし、2011年の東日本大震災を機に、管理会社だけに頼るのではなくマンション住民が主導していくことの重要性を実感。2013年には、管理運営を管轄するグループと、自治会運営をするグループとで理事を分け、各理事の役割を明確化するなど、管理体制の改革に乗り出す。

さらに、「ブラウシア管理組合は強固なコミュニティをベースとし、終の棲家として充実したマンションライフを実現する」とした理念を掲げ、その実現に向けた行動指針・活動方針を打ち立てた。さながら、会社組織のようだ。

その領域は管理に留まらず、新規入居者向けのオリエンテーションを実施したり、独自にホームページを開設したりと、ほかに類をみないほど活動的な組合運営に挑戦している。

今回の交流会では、最初にブラウシアの“レジェンド理事”のお一人、高田豪氏によって、マンション管理組合が掲げる理念やこれまでの取り組みが紹介された。詳しくは「マンション管理、住民主導でここまでやっちゃう!?」の記事もあわせてご覧いただきたい。【画像1】元副理事長として辣腕(らつわん)を振るった高田豪氏。現役バリバリのビジネスパーソンとあってプレゼンも圧巻だった……。高田氏いわく「管理会社の担当者は、みなさん出世して卒業していくんですよ」というから相当鍛えられるのだろう(写真撮影/末吉陽子)

【画像1】元副理事長として辣腕(らつわん)を振るった高田豪氏。現役バリバリのビジネスパーソンとあってプレゼンも圧巻だった……。高田氏いわく「管理会社の担当者は、みなさん出世して卒業していくんですよ」というから相当鍛えられるのだろう(写真撮影/末吉陽子)

そのほかにも、現在進行形で進められている大規模修繕工事をどう取りまとめたか、などなどブラウシアの理事たちによるプレゼンが続き、その後、マンション内部の見学が行われた。

ブラウシア住民の間でも好評だという「シェアサイクル」に興味を示していたのが、埼玉県からきた理事のお二人。

1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。