ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

人間の脳って不思議! 文字の最初と最後だけあっていればめちゃくちゃな文章でも読めてしまう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
120207brain01.jpg

みさなん、まだまださむいすでが、おんげきですか。かぜなどひていないいですか。

……みなさん、上記の文の、するっと読めましたか(笑)? なぜこんなへんてこな一文をご紹介したかというと……。
『日本ハグ協会』のマザーさと子さんのブログで、こんな興味深い記事が紹介されていたからです。
 
ブログの表題にある通り、まずは下記の文章を「ちょっと読んでみてください」ね。

「この ぶんょしう は いりぎす のケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか にんんげは もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす」

みなさん、いかがでしたか。この文章、案外すんなり読めた……という人、結構多いのではないでしょうか。

ブログによると「この資料は、人間が文字を認識するとき、最初と最後の文字さえ合っていれば、順番はめちゃくちゃでもちゃんと読めるという、ケンブリッジ大学の研究に基づいてつくられています」とのこと。

つまり、意図して単語の中間部分のみの文字を入れ替えてあるのです。それにも関わらず、確かにすんなり読めちゃえますよね。また読みにくくても、書いてある意味はわかった、という方も多いのではないでしょうか。

私たちのような活字を職業とする世界には「校正」という文字の誤りを正す作業があるのですが、それでも時折誤字のまま出版されたりUPされたりしてしまいます。言い訳になりますが(笑)、それには人間の脳には「文字が入れ替わっていても意味を理解できる」というファジーで便利な機能が備わっていて、「意味が理解できる」からこそその誤りに気づかない……ということが、たま〜に起こるんです。

しかし、上記の文章をパソコンで入力するにはひと苦労しました。入れ替え単語は「読める」けれど「書く」のは本当に難しい! 自分の脳が「この単語を書きたい」と思っていると、手先も自然とその単語を正しく書くよう脳からの指令を受けて動こうとするため、わざと間違った単語はなかなか書きにくいのです。だから1文字1文字確認しながらの入力になりました。

しかも、うっかり変換キーを押しちゃうと「0か1」かのコンピューターは、律儀にも上記のひらがな文字を漢字に無理やり変換するし! 数行の文章を書くだけでも時間を要しました(笑)。

人間の脳は、本当に奥深いですよね。

日本ハグ協会

(福島はるみ)


(マイスピ)記事関連リンク
2012年12月22日は、時間が止まる日?
野菜と果物は別々に保存&油は冷蔵庫へ! 栄養価を失わないように食材を保存するちょっとしたコツとは?
痔やヤケド、食べ過ぎまで…意外にも身近な食材で簡単にできるナチュラル・ケア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。