体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【20代の不格好経験】「道ばたでの粗相」という絶望的な経験から、排泄予知デバイスの開発に取り組む~トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社 代表取締役 中西敦士さん

今、ビジネスシーンで輝いている20代、30代のリーダーたち。そんな彼らにも、大きな失敗をして苦しんだり、壁にぶつかってもがいたりした経験があり、それらを乗り越えたからこそ、今のキャリアがあるのです。この連載記事は、彼らの「失敗談」をリレー形式でご紹介。どんな失敗経験が、どのような糧になったのか、インタビューします。

リレー第22回:トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社 代表取締役 中西敦士さん

株式会社チカク代表取締役社長 梶原健司さんよりご紹介)

f:id:itorikoitoriko:20170324104705j:plain

1983年生まれ。コンサルティング会社勤務後、海外青年協力隊の一員としてフィリピンに2年間赴任。その後、渡米しUCバークレー校でビジネスを学ぶ。留学中のある日に「粗相」を経験したことを機に「排泄タイミングを予知できるデバイス」の開発を思いつく。2015年2月にトリプル・ダブリュー・ジャパンを設立。

f:id:itorikoitoriko:20170324104703p:plain

▲トリプル・ダブリュー・ジャパンが開発した、排泄予知ウェアラブル「DFree」。専用テープやベルト型装着補助具を使って下腹部に装着し、体に影響がない超音波を利用して排尿、排便のタイミングを予測。そのデータをスマートフォンに通知する。

悲惨すぎるお漏らし経験から、「排泄は人間の尊厳」と気づく

当社が手掛けているのは、排尿や排便の排泄を予知する「DFree」。「今までになかったウェアラブル」と開発段階から評判となり、介護施設や在宅介護をされている方、体の不自由な方、お腹が緩い方などさまざまな「排泄に悩みを持つ方」からの引き合いが拡大。2015年に開発資金集めのために実施したクラウドファンディングでは、約350名の支援者を集め、約1200万円を調達することができました。そして今年2月より、まずは「排尿予測」機能において介護施設への導入がスタート、初年度で1万台の導入を見込んでいます。

私はもともとコンサルティング会社出身。その後、海外青年協力隊を経て、ビジネスを学ぶために2013年にアメリカに留学しました。留学に際し、何らかのビジネスの芽を見つけたいという思いはありましたが、当時はまさか今のビジネスを立ち上げるとは思ってもいませんでしたね。“排泄予知”という分野に注目したのは、絶望的な「大失敗」がきっかけ。ズバリ言えば、いきなり「ウンコを漏らしてしまった」のです。

f:id:itorikoitoriko:20170324105115j:plain

忘れもしない2013年9月、私は新しいホームステイ先への引っ越し作業をしていました。歩いて30分程度の距離だったため、荷物を持って何度か往復すれば大丈夫だろう、と考えたのが不幸の始まり。まずは洋服をすべて運び入れ、2回目の荷物を運んでいた途中…ちょうど中間地点で、いきなり猛烈な便意に襲われました。

近くに公衆トイレはないし、日本のようにトイレを貸してくれるような店もない。あともう少し我慢して、引っ越し先でトイレに行こうと頑張ったのですが…道半ばにして、限界が訪れてしまいました。

「家を出る前に、便意が来ると分かっていれば…」と思いましたが、後の祭り。「漏らした」という絶望的な現実を受け入れざるを得ず、打ちひしがれましたね。このまま新居に行くわけにはいかないので、茫然自失のまま元の家に戻り、隣の部屋に住んでいた友人に「何も言わずにズボンを貸してくれ」と頼みました。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。