体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BUCK-TICK、武道館公演を収めた最新映像作品の本編ダイジェストを公開

BUCK-TICKが2016年12月29日に日本武道館で行なった『TOUR アトム 未来派 No.9』ファイナル公演の模様が、LIVE Blu-ray&DVD『TOUR アトム 未来派 No.9 –FINAL-』として4月26日(水)にリリースされる。この度、その本編ダイジェスト視聴トレイラーが公開となった。
BUCK-TICK (okmusic UP's)
17年連続での開催となった12月29日の武道館公演は最新アルバム『アトム 未来派 No.9』を引っ提げ、不動の5人で展開した全国ツアーの最終公演。アルバムの世界観を緻密かつダイナミックに表現した渾身のステージで、SOLD OUTした会場に集まった10,000人の観客を魅了した。

LIVE Blu-ray&DVD『TOUR アトム 未来派 No.9 –FINAL-』は、この日のライヴを本編からアンコールまでを全篇収録。初回限定盤(Blu-ray/DVD共通)は、LIVE TRACKS CD (2枚組)、LIVE PHOTO BOOKLET(全84ページ)、スペシャルパッケージ仕様(豪華ボックス収納)、プレゼント応募券封入という豪華特典付きだ。

9月よりデビュー30周年に突入するBUCK-TICKは、本公演でAnniversary Yearのプランを一部発表した。終演後の大スクリーンに映し出されたのは、アニバーサリーベストアルバムのリリース、 “Anniversary Special Live”と題した9月の東京・お台場野外特設会場J地区での単独野外ライヴ開催、12月23日 群馬県・高崎アリーナ、12月28・29日 日本武道館公演2Daysと、それらを含む10月からの全国ツアー『THE DAY QUESTION 2017』の開催、そして2018年春にはニューアルバムをリリースする事を発表。最後に流れた“See you on 2017. Anniversary Year”のメッセージが、大いなる期待と興奮を煽った。

尚、先日お台場野外特設会場J地区での単独野外ライヴの詳細が発表され、『BUCK-TICK 2017 “THE PARADE”~30th anniversary~』と題し9月23日(土)、24日(日)に開催されることが明らかに。

1987年のデビューから2017年まで、不動のメンバーで進化し続けてきたBUCK-TICK。そして、彼らを支え続けてきたファンと共に迎える30th Anniversary Yearの幕開けに期待が高まるばかりだ。

Blu-ray&DVD『TOUR アトム 未来派 No.9‐FINAL‐』本編ダイジェスト視聴トレイラー
https://youtu.be/13toHOBL09o

Blu-ray&DVD『TOUR アトム 未来派 No.9‐FINAL‐』
2017年4月26日発売

【初回限定盤Blu-ray】

VIZL-1144/¥10,000+税

【初回限定盤DVD】

VIZL-1145/¥9,000+税

【通常盤Blu-ray】

VIXL-188/¥6,500+税

【通常盤DVD】

VIBL-841/¥5,500+税

<収録内容>

fragments -SE

cum uh sol nu -フラスコの別種-

PINOA ICCHIO -躍るアトム-

美 NEO Universe

Baby, I want you.

MY FUCKIN’ VALENTINE

El Dorado

樹海

メランコリア-ELECTRIA-

DEVIL’S WINGS

BOY septem peccata mortalia

FUTURE SONG -未来が通る-

THE SEASIDE STORY

Cuba Libre

曼珠沙華 manjusaka

愛の葬列

キラメキの中で…

見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ

無題

天使は誰だ

形而上 流星

ROMANCE

NEW WORLD -beginning-

◎初回限定盤特典(Blu-ray/DVD共通)

1.LIVE TRACKS CD [2枚組] ※すべてのCDプレーヤーで再生できる高品質CD「SHM-CD」を採用

2.LIVE PHOTO BOOKLET(全84ページ)

3.スペシャルパッケージ仕様(豪華ボックスに収納)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。