ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ビヨンセ。がん患者のファンにFaceTime。もっと人にやさしくなりたくなった

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アーティストとして、そしてビジネスウーマンとして成功しているビヨンセ。

先日、彼女はとんでもないサプライズでファンをよろこばせました。

ビヨンセからのFaceTime。がん患者の女子高生にサプライズ

サプライズを受けたのは、テキサス州・ヒューストンの女子高校生、Ebony Banks(エボニー・バンクス)。

地元のABC放送局によれと、エボニーはステージ4のがんを患っていて、1年のほとんどを治療のために登校できないまま過ごしていたそう。

そんな彼女のために、クラスメートは「#EBOBMEETSBEYONCE」(EBOBはエボニーのニックネーム)というタグを作って、TwitterやInstagramで拡散しました。

すると、なんとエボニーのもとへ、ビヨンセからFaceTimeで電話がかかってきたのです!

Beyoncéさん(@beybleedblue)がシェアした投稿 – 2017 3月 22 4:19午後 PDT

もともとビヨンセの大ファンだったエボニー。そのよろこびを想像するだけで、こちらまで顔がにやけてしまいます。あれだけの大スターが自分に電話をかけてきてくれて、エボニーはたくさんの勇気をもらったに違いありません。

そして、ファンを大切に思うビヨンセの心意気にも心を動かされます。さらに忘れてはいけないのが、今回のサプライズを実現させたクラスメイトたちの、エボニーを想う気持ち。

誰もがみんな、誰かのことを想って行動したのです。

東京で生きていると、満員電車に辟易したり、仕事が終わらなくて余裕がなくなったりと、少しずつ他人を想う気持ちに鈍感になっていました。

でも、このニュースを知ったいまは、もっと人にやさしくなれる気がします。

[The Cut]

写真/gettyimages 文/浦田昆

こちらも読まれています

保湿もやり方によっては無駄?盲点だった肌ケア #sponsored

美人度高まる。目と眉の距離を近づける方法 #sponsored

入浴後がポイント。寝つきよく、深い眠りへ誘うには #sponsored

■ あわせて読みたい

行きたさ。ロバート秋山の「クリエイターズ・ファイル」展覧会 #池袋
「いまどこ? 」「私はここにいるよ」Googleマップで位置情報がシェアできる
我慢しすぎてない? あなたの忍耐強さ #深層心理
いま、民宿に泊まりたい人が増えてる。その理由は?
東京お花見BGM。DJはSpotify
今すぐハワイ! 見返すたびにニンマリする撮影スポット見つけた
頭痛つらい…。10秒「耳たぶグイー」でラクになる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。