ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

水彩画みたいに淡くてきれい。セルフでも簡単なネイル技法「ウォーターカラー」のやり方

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
水彩画みたいに淡くてきれい。セルフでも簡単なネイル技法「ウォーターカラー」のやり方

水彩画みたいな淡さが魅力!ネイルの技法”ウォーターカラー”とは?

水彩画みたいな淡さが魅力!ネイルの技法

今回はマニキュアリストさんにも、セルフネイラーさんにも使っていただけるアート技法をご紹介します!
“ウォーターカラー”とは、絵の具をお水で薄く薄めて描く水彩画の様なタッチの技法。別名、たらしこみ技法とも呼ばれます。

始める前に、準備するものはこちら

始める前に、準備するものはこちら

<必要なもの>
・水
・アート用の筆
・アクリル絵の具(好きな色)
・ペーパーパレット
・ティッシュやキッチンペーパー(水気を取るため)

ウォーターカラー(たらしこみ)ネイルの作り方の手順

ウォーターカラー(たらしこみ)ネイルの作り方の手順

① まずは、お好きな色の絵の具をお水で薄く溶きます。
② ①の絵の具をたっぷり付けた筆で、丸を描きます。
③ 筆についた水分を拭き取ってから、②の丸の中にある水分を筆で吸い取ります。
④ 花びらを被らない様に3枚描いたら、乾かします。
⑤ ④が完全に乾いたら、被せる様に花びらを2枚描きます。
⑥ お好みで周りにも花を描き、ストーンを付けたら、トップコートで仕上げます。
<気を付けるポイント!>
注意点は、触り過ぎないこと!そして、乾くまで待つこと!
ウォーターカラーは、少しのんびりした気分で試していただくと上手に仕上がります。
乾く前に色を重ねてしまうと色が滲んでしまうため、せっかちさんは要注意です!!

ネイルアーティスト/天白麻耶(Nail Salon Glitter)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。