体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

60以上のセンサーで巡回するロボットガードマン「Cobalt」が頼もしい

cobalt_1最近、オフィスでも大活躍のロボット。受け付けや清掃、ちょっとしたアシスタントなど、その役割は着実に増えつつある。

カリフォルニアのスタートアップ、COBALT ROBOTICSが開発したのは、セキュリティ専門のロボット「Cobalt」。人間の警備員と同じように巡回を行い、高精度な機能で異常を感知する鉄壁の未来派ガードマンだ。

・60以上の強力なセンサーと人工知能でオフィスを巡回

cobalt_2本体には、昼夜の監視に適した360°カメラと熱カメラ、ポイントクラウドカメラ、レーザースキャナー、指向性マイクロホンアレイ、長距離RFID、バッジリーダー、一酸化炭素・煙探知器を含む環境センサーなど、60以上のセンサーを搭載。ビデオチャット用のタッチスクリーンディスプレイ、ユーザーによる必要な入力と、ロボットの意志を伝えるためのLEDリングも、実装されている。

「Cobalt」は強力なセンサーと人工知能を使用して、オフィス内を巡回する。不審物はもちろん、移動した物や変わった物、水漏れなど、セキュリティに関連するあらゆる異常を検出。検知された状況は、ビデオチャットを介して、すぐさまパイロット(セキュリティ訓練を受けた人間の監督者)に通知される。無線信号の強度や温度といった、センサーデータの3Dマップを生成することも可能だ。

・心安らぐデザイン

cobalt_3デザインは、世界的に有名な産業デザイナーYvesBéharとのコラボレーションによるもの。武骨にならないよう、ソフトでフレンドリーな外観を意識したという。低摩擦設計のため、移動中の音も実に静か。必要に応じて自分自身を充電し、ソフトウェアの更新もクラウド経由でプッシュされる。手間いらずの働き者なのだ。

すでに数社の企業に導入済み。その中には、Bloomberg BETAやHAYSTACKの名前も入っている。

価格など、詳細に関する問い合わせは、ホームページのメールフォームから。

Cobalt

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会