体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食べ比べが楽しい!はるのパン祭り「トースト部」って知ってる?2017年日程は?見どころは?

食べ比べが楽しい!はるのパン祭り「トースト部」って知ってる?2017年日程は?見どころは? はるのパン祭り

東京都豊島区雑司ヶ谷の鬼子母神と大鳥神社で毎月開催している、「雑司ヶ谷手創り市」を知っていますか?

雑司ヶ谷手創り市は、作り手と買い手が直接つながることのできる「手づくり市」の草分け的存在。その手創り市で、一昨年から開催されている春の人気イベントが「はるのパン祭り」です。

出展者は、パン屋さんが約20店、その他、パンをキーワードにした飲食や雑貨などのお店が軒を連ねます。

開催は4月16日(日)。パンや雑貨好きの人は要チェックですよ!

手づくり市って?

大量生産品であふれている現代にあって、ひとつひとつ手作業で作られる手づくりの温かみは、今ではかえって貴重なものになっています。

「手づくり市」とは、そんな心のこもった手づくり品を作る作家たちが集まり、作家みずから作品を販売するローカル市のこと。

手づくり市は、全国のいろんな場所で人気を呼び、静かなブームをよんでいますが、雑司ヶ谷手創り市は2006年にはじまった、手づくり市のなかでも草分け的な存在です。

季節ごとにさまざまな企画が催され、ここでしか出会えない、個性的でクオリティーの高い出展者による手づくり品が多くのファンを虜にしています。手づくり市

月に一度の開催日は、若い人を中心ににぎわいを見せる

雑司ヶ谷手創り市は、月に1回(第三日曜日が基本、月によって変わる事あり)、豊島区雑司ヶ谷にある「鬼子母神」と「大鳥神社」の境内で行われています。境内は、都会の中にあって自然と季節の移り変わりを感じられるスペース作家さんたちとの出会いやフレンドリーな会話も楽しみながら、思い思いにのんびりと過ごすことができます。

「はるのパン祭り」はどんなイベント?

今年で3度目になる「はるのパン祭り」。昨年は、パン屋さんを中心にジャム屋さん自家焙煎の珈琲豆屋さんなど計25店舗が出展しました。はるのパン祭り 昨年の会場の様子。会場の外まで長蛇の列だったそう張り子のパンのワークショップ 張り子のパンのワークショップ。手創り市らしくとってもおしゃれトースト部

雑司ヶ谷手創り市ならではの趣向「トースト部」

人気の「トースト部」は今年も開催予定。トースト部とは、パン祭りで購入したパンをその場で切ってトーストして、食べられるコーナーのことです。必ず出展作家さんの器を使って食べることがポイントです。

ちなみに、今年のパン祭りのテーマは「酵母」。今年のトースト部では、さまざまな酵母を使用したパンを食べ比べて味わう「食べ比べセット」を企画しているそうで、こちらも楽しみですね!

また、イラストレーターのしもかわしょうこさんが似顔絵と思い出のパンを描いてくれるイベント「にがお絵 パンと、私と。」も、昨年に引き続き開催の予定です。作家さんの個性的な器
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。