ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

マニフィック・ソサイエティのキックオフパーティー開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Print

ジャンルにとらわれず、GOOD MUSIC をお届けするトライアングル。
第 3 回目は 5 月に仏・ランスで開催されるフェスティバル、マニフィック・ソサイエティのキックオフパーティー。パ リ出身人気プロデューサーの Para one、Kohh の“PARIS”の REMIX を手掛けた Sam Tiba と Canblaster が Club Cheval として、また今大注目のヒップホップクルーkiLLa がフェスティバル出演に先駆けて登場する。


LIVE: kiLLa / FISHBACH
DJ: PARA ONE / CLUB CHEVAL DJ SET (Canblastser, Sam Tiba)/ NO
FLOWER (kiLLa) / YonYon (BaeTokyo/Bridge)

日程:4 月 7 日(金) 代官山 Sankeys TYO
OPEN/START 23:00~
TICKET 前売り ¥2,500(税込/オールスタンディング)
当日 ¥3,000(税込/オールスタンディング)
チケット発売日:3/13(月) クリエイティブマン 03-3499-6669

◆アーティストプロフィール
Para one
映画監督、人気音楽プロデューサーとしての顔を持つ、フランス・パリ出身 のアーティスト。90 年代中頃にフランスの新世代ヒップホップ・シーンを 支えるプロデューサーとして注目され、ヒップホップ / ダンス・ミュージッ ク・シーンの中心的存在だった TTC のプロデュースも手掛ける。2006 年に はデビュー・アルバム『Epiphanie』をリリース。2011 年には SURKIN と BOBMO と共にデジタル・レーベル Marble を立ち上げた。2012 年には 2nd アルバム『Passion』からのリード EP「Lean On Me」のミュージッ ク・ビデオを日本で撮影。 2014 年自らクラブ向けに『Passion』の楽曲をセルフ・リメイクしたアルバム『Club』をリリース。

Club Cheval(Canblastser↑, Sam Tiba↓)
北フランス出身の Canblaster、Sam Tiba、Pantros 666、Myd の 4 人からな る Club Cheval は 2009 年に結成。2010 年にはソロ名義作品を集めた「Club Cheval」EP をリリース。その後も、それぞれがソロで TTC の Tekilatex、 Orgasmic の立ち上げた Sound Pellegrino や Surkin、Para One、Bobmo が立 ち上げた Marble などでリリース活動しながら、Lilly Allen、Underworld、 Soulja Boy 、Surkin、Birdy Num Num、などのリミックスを手がける。Club Cheval 名義では初となる EP「Now U Realize」を Brodinsky のレーベル Bromance からリリース、1st アルバム「Discipline」を 2015 年にリリース。

Fishbach
1991 年生まれランス出身のシンガーソングライター。2010 年より歌手活動 を始め、2015 年ごろからフランスの様々なフェスティバルの新人発掘ステージに次々にブッキングされ頭角を現す。その独自のスタイルは 60 年代フ レンチポップの天才シンガーソングライター、フランソワーズ・アルディ meets The XX などと評された。フェニックスのサウンド・エンジニア、ア ルフを迎えてのファースト・アルバム「A ta merci」が 2017 年 1 月にリリースされたばかり。

kiLLa
ラッパーのYDIZZY, Arjuna, Blaise, KEPHA、DJのNo Flower、VJの YESBØWY、それに加えデザイナー、トラックメイカーと現在9人のメンバ ーから成る、TOKYOを代表するHIPHOPクルー。 漫画「AKIRA」で描かれた混沌としたネオ東京に生きるかのごとく、ハード なリリックにベースが効いたトラック、パンクロックを彷彿させるような縦 乗りライブが特徴。音楽のみに留まらず、ファッション、パーティーオーガ ナイズ、ブランド制作などクリエィティブな活動を繰り広げている。 また、2016年12月にはkiLLaクルーオールメンバーによる1st “kiLLa EP vol.1” をデジタルリリースし、今後のユースカルチャーを牽引するべく、現在では 日本のみならず世界を飛び回りパフォーマンスをしている。 https://twitter.com/killatokyo

YonYon
2011 年に DJ としてのキャリアをスタート。Future Beats、Hip Hop, UK Bass、House、Techno までジャンルを越え直感的にミックスするスタイル が世界中から評価され、日本のみならず東アジア、アメリカ、ヨーロッパな ど国内外にまで活動の幅を広げている。
2016 年から女性の芸術活動の支援を目的としたアトランタ初のパーティー [Bae]のアジア展開におけるディレクションを担当。年内には[Bae Tokyo]の アジアツアーと US ツアーが予定されている。 またソウル生まれ東京育ちというバックグランドを生かし、海外のアンダーグラウンドアーティストを日本や韓国に繋げるためのブッキングエージェント[BRIDGE]を立ち上げプロモーターとしても活躍中。
現在、世界各国を飛び回りながらも年内 EP リリースに向けて楽曲制作中。https://www.instagram.com/yonyon.j

 

フランス・ランスのシャンパーニュ公園で 5/19~21 開催されるインターナショナル音楽フェスティバル。TOKYO SPACE ODD ステージが特別に設置され、日本の旬なアーティストが 7 組出演予定。 http://lamagnifiquesociety.com/
制作:クリエイティブマン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。