ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ミリタリーウォッチと合体したLEDライトとは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ミリタリーウォッチと合体したLEDライトとは?

ミリタリー仕様のLEDライトには、ウェポンライトから独立したり、ミリタリーウォッチと合体するなど、常識を覆すユニークなモデルが存在します。そこで、特殊用途のLEDライトを集めてみました。いずれのLEDライトも実用性重視のユニークなモデルとなっています。

ミリタリーウォッチとライトが合体

米軍の特殊部隊ネイビーシールズが使用することで有名な、ミリタリーウォッチ「ルミノックス」とコラボしたリストライトモデルが、SUREFIREの「211-B-BK-LMX」。米国法執行官の要望で誕生したモデルです。

ミリタリーウォッチと合体したLEDライトながら、300ルーメンもの明るさで照らせます。ハンズフリーとなり、ハンドガンを両手で構えた状態で確実に対象を照らせる格好です。内蔵専用充電池使用で、microUSB接続で充電する仕組み。15ルーメンのLowモードもあります。実勢価格は126,360円です。

SUREFIREの「Y300 ULTRA」は、元々は銃器に装着する「X300」をモディファイ。最大500ルーメンのコンパクトかつ強力な、MILスペックのクリップ付きLEDライトです。本体とベルトに付けたクリップ部は、強力なマグネットで素早く脱着できます。

手元を照らすクリップLEDライト

ライトの方向は縦横に変更でき、ハンズフリーライトにもなる仕様。電源にはCR123リチウム電池2本を使用します。HiとLowモード(15ルーメン)の2段階調光が可能。テール部がスイッチとなります。実勢価格は46,290円です。

STREAMLIGHTの「CLIPMATE USB」は充電式クリップLEDライト。ライト本体から伸びた蛇腹型ケーブルの先に光源があり、狙った部分をピンポイントで照らします。充電は本体のUSB端子を使うため、ケーブルは不要です。

LEDライト自体が軽量(約54g)で、胸ポケットやキャップのツバなどさまざまな部位に装着可能。70ルーメンは手元を照らすには充分で、暗所で夜目を保護する赤色光も実装します。白色は70/10、赤色は0.5/0.2ルーメンに切り替え可能。実勢価格は6,804円となっています。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。