ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

センスに磨きがかかる。オルセン姉妹「The Row」のフラッグシップストアへ行ってきた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

子役として、スナップの常連として、そしていまやファッションデザイナーとして――。

いま、アメリカで最も成功しているであろうオルセン姉妹、30歳。

20170323_therow_02.jpgメアリー・ケイトとアシュレーの都会的なセンスに触れられる、ニューヨークにある「The Row(ザ・ロー)」のフラッグシップストアは、まるでミュージアムに訪れたかのような感動がありました。

洗練されたタウンハウス。入るときは呼び鈴を押してから

20170323_therow_03.jpgマンハッタン、アッパーイーストサイド。

ニューヨークきっての高級住宅街にひっそりと佇むのが、The Rowのフラッグシップストアです。その入り口は、世界中のブランドが立ち並ぶマディソン・アヴェニューから、ほんのすこし入った71丁目に面したところ。とても静かなエリアです。

3階建て、煉瓦造りのタウンハウスは、呼び鈴を押してドアを開けてもらうシステム。

「Can I come on in ?(入って良いですか?)」

「Sure !(もちろん!)」

友人宅を訪問した時のようなプロセスに、なんだか背筋が伸びます。

20170323_therow.jpg 20170323_therow_55.jpgドアマンに重い黒枠の鉄の扉を開けてもらい、導かれたのは真っ白な空間。正面に飾られたキース・ヘリングに圧倒されます。

THE ROWさん(@therow)がシェアした投稿 – 2017 1月 4 11:34午前 PST

黒、紺、白といったThe Rowのコレクションに、木製の床やハンガーラックが温かみをプラス。

無駄な色のないモノトーンのそれらに、ストア内各所に飾られた絵画や彫刻がアクセントを加えています。

THE ROWさん(@therow)がシェアした投稿 – 2016 5月 19 11:47午前 PDT

ブランドのInstagramのように、主役は服ではなく、アートであるかのようなバランスで存在。まるで邸宅美術館みたい。

コスメも陶器も。インスピレーションをくれるアイテムたち

アート同様に、思わずチェックしてしまったのが、「セルジュ・ルタンス」のパフュームやコスメ、「サンタ・マリア・ノヴェッラ」のアイテム、2人が口説き落としたという日本製「Masa Caramics」の陶器などのセレクトされたアイテム。

ファッション以外の小物も素敵で、センスのアンテナが反応しまくります。

THE ROWさん(@therow)がシェアした投稿 – 2016 5月 20 2:30午後 PDT

THE ROWさん(@therow)がシェアした投稿 – 2016 5月 26 7:31午前 PDT

1階の奥に進み、2階部分の吹き抜けが気持ちいいシューズのエリアは必見。開放感あるスペースに芸術品のように並べられた靴たちにときめきます。

そして真っ白な漆喰の螺旋階段をのぼり、メンズコレクションの並ぶ3階へ。

イサム・ノグチのテーブルや東洋的なティーセットなどが配置され、彼女たちのプライベートな空間をのぞいた気分になります。全部ほしい! いつか真似したい! とインテリアのインスピレーションをもらいました。

The Rowは「本物を見てがっかりしない、唯一のブランド」

THE ROWさん(@therow)がシェアした投稿 – 2017 3月 13 2:00午後 PDT

ミニマムでアーティスティックな形、おさえた色味。そして最高の素材を使用した服たち。The Rowは、「本物を見てがっかりしない、唯一のブランド」と聞いたことがあります。

THE ROWさん(@therow)がシェアした投稿 – 2016 11月 29 10:15午前 PST

THE ROWさん(@therow)がシェアした投稿 – 2017 1月 11 8:10午前 PST

それだけに、本当のお洒落を知っている人のためのブランド、という印象もあります。

「まず何かひとつトライしたい、というならクロップ丈のタンクトップかな。Tシャツやメンズの白シャツの上に合わせるのがおすすめだよ」

スタッフがそう教えてくれたのは、ニット素材の「The Drew Top」。

うしろが長いリボンのレースアップになっていて、ひねりが効いています。夏になったら、素肌にこれ1枚でもいいかも、とさっそく私のSSショッピングリストにメモしました。

THE ROWさん(@therow)がシェアした投稿 – 2017 3月 15 8:21午前 PDT

この春、グリッティでも紹介したレタードシャツもシンプルに徹しています。

20170323_therow_07.jpg決して派手じゃないけれど、よく見ると、本当に洗練されているアイテムたち。

「かわいい」は卒業して、本当に服好きな人に愛されるThe Rowのような服を着たい…。このフラッグシップストアに来ると、そんなセンスを研ぎ澄ませてくれます。

[The Row, VOGUE]

写真(トップ画像)/gettyimages 撮影・取材・文/神田朝子

こちらも読まれています

・白シャツにさりげなく。シンプルで強いThe Rowのレタードファッション #NYFW

・NEXT「アナ雪」。観たら歌いたくなる映画『モアナと伝説の海』を観てきました #sponsored

・出会いの春を迎える前の肌トラブル対策 #sponsored

■ あわせて読みたい

・「自分って何者なんだろう?」って思えるということは、何者にもなれるってこと #ふたりごと
・アレンジ簡単だった。春はスカーフを手首に巻く
・春の自分をコンディショニング。やさしくなれる服見つけた
・春のきれいめカジュアル。J.Crewが3月31日を「ストライプの日」に決めた
・アナ・ウィンターの新作ドキュメンタリー。冷徹さよりも情熱を感じたい
・ディオールに続き、ジバンシィに初の女性デザイナーが就任。ファッションの流れが変わりつつある #GIVENCHY
・人間とは、他人をディスりたがる生き物です。 UNTITLED BY KIKUNO

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。