ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

いま、民宿に泊まりたい人が増えてる。その理由は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

まだまだ先。でも、もうすでに楽しみなのが、ゴールデンウィーク!

去年はまるまる東京で過ごしたので、今年こそはどこかへ旅したい、と目論んでいます。

95%が未体験の「民泊」。グループ旅行で利用してみたい人多数

そこで挑戦したいのが、民泊。文字通り、民宿に泊まること。

じつは、世界最大級のバケーションレンタル会社「ホームアウェイ」がおこなった調査によると、95%の人が「1回も民宿を利用したことがない」と答えたのだそう。民宿に泊まる、という発想は、まだまだ一般的ではないようです。

とはいえ、一方で、50%以上の人が、「3人以上のグループ旅行(女子旅、男子旅)で民泊を利用してみたい」と答えています。

ふたり以上になってくると、とたんにシビアになってくる部屋の広さ問題。そんなとき、3人以上でもくつろげるスペースを確保しやすい民宿を希望する人が多いみたい。

安いのにラグジュアリー。贅沢な気分になれる民泊

また、民宿を利用したい理由のもうひとつが、宿泊費の安さ。

旅行での宿泊施設にかける平均予算を調査してみると、約60%の人が「15,000円以下/人」と答えています。また、旅の抑えたい費用ランキングでは、「宿泊費・ホテル代」が2位という結果に。

みんな宿泊施設はなるべく安くて広いところを求めているよう。そして、その希望を叶えてくれるのが、「民泊」というわけです。

さらにうれしいのが、ラグジュアリーさ。「広くて安いのなら、部屋のクオリティは低いんじゃ…?」なんて思ってしまいますが、そんなことはありません。

たとえばタイ・プーケットにある「3 BDR LUXURY BALINESE STYLE POOL VILLA」。天蓋付きベッドにプール、ウッドデッキまでついた豪華の一軒家が34,929円。

定員が6名なので、6人で割れば、約5,821円。驚きの安さです。

安さ、広さ、贅沢さを一気に味わうことができる民泊。ゴールデンウィークの予定はもう決まりです。

[ホームアウェイ]

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

外国人みたいに、目と眉の距離を近づけるには? #sponsored

保湿もやり方によっては無駄?盲点だった肌ケア #sponsored

なぜか勇気もらえた。いま話題の「モアナチャージ」ってなに? #sponsored

■ あわせて読みたい

東京お花見BGM。DJはSpotify
今すぐハワイ! 見返すたびにニンマリする撮影スポット見つけた
頭痛つらい…。10秒「耳たぶグイー」でラクになる
春。あなたが自己投資すると成果が出やすい分野 #深層心理
住んでみたかった! ゴシップガール、ブレアの部屋は楽天でつくれる
表参道でお花見。ふんわりサクラ風味の甘酒で、春を味わう
ジャクリーン・ケネディの強さと品格は、いまの時代も魅力でしかない

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。