体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「障がい者の可能性を広げたい」義手・義足を作る義肢装具士に話を聞いた!

昨年、ブラジルのリオデジャネイロで開かれたパラリンピック。

 

障がい者アスリートたちの活躍が話題になった。高校生のみんなの中にも、義足をつけてハイスピードで走ったり高く跳躍する選手の姿に、目が釘付けになった人がいるのでは?

 

そんなスポーツ用義足などを作るのは義肢装具士。

 

3年後の2020年開催の東京パラリンピックに向け、注目されている職業だ。

 

その仕事の魅力を詳しく探るべく、義肢装具士の神谷大地さん(22歳)に話を聞いた。

 

身体の一部を失ってしまった人のために義足や義手を作り、社会復帰を支える

 

「ぼくら義肢装具士は、病気や事故で手足を失ってしまった人のために、日常生活全般を支える義足や義手を作るという仕事。その中にスポーツ用義足の製作があります」

 

と、神谷さん。

 

ちなみに「装具」とは、身体にまひや変形などの障がいがある人が身体機能の回復や低下防止のために装着するもので、例えば、ギブスやコルセットなどのことを言う。

 

未来を支えたい! 義足を作る義肢装具士に話を聞いた!

 

神谷さんが勤める「公益財団法人鉄道弘済会義肢装具サポートセンター」(東京都荒川区)では現在26人の義肢装具士がいて、義肢(義足、義手)、装具を合わせて年間約6000件を製作している。

 

同じ建物の中には手足を切断した患者の診療・リハビリテーションを行う付属診療所を併設。

 

医師やリハビリを担当する理学療法士と連携しながら、ひとりの義肢装具士がひとりの患者を受け持ち、採寸から製作、適合、不具合の調整まですべてを手がける

 

患者の状態に合わせてオーダーメイドで製作する

 

未来を支えたい! 義足を作る義肢装具士に話を聞いた!

 

義足、義手はその人の身体の一部。患者さんの障がいや身体の状態に合わせてオーダーメイドで作ります」

 

義足を作るにはまず、患者の患部の脚型を取り、その型に石こうを流し込んで患部を模した模型を作る。この模型を削り出し、患者が装着しやすいように成型していく。

 

こうして形を整えられたものは「陽性モデル」と呼ばれ、患者さんの患部の状態にできるだけ近いものにすることが重要という。

 

次に「陽性モデル」の外側にプラスチック樹脂を流し入れて、ソケット(患部との接合部)を作る。

 

この段階で患者に試着してもらい、形や、きついと感じる場所などをチェック。その後、製作工房で細かな調整を重ねていく。

 

そうしてソケットを作り上げ、下にパイプ、膝継手(ひざつぎて:膝から上を切断した人の膝関節部分を担うパーツ)、地面との接点にあたる足部などを付けて完成する。

 

高い技術力も大事だけど、なにより大切なのはコミュニケーション力

 

未来を支えたい! 義足を作る義肢装具士に話を聞いた!

 

「患者さん一人ひとりの要望を聞き、手作業で作ります。複数を同時進行なので、義足1件が完成するまで1~2カ月はかかりますね。

 

身体にぴったりなじむものが求められるので、患者さんからOKをいただくまで調整を重ねます。

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。