ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

デザイナーが教える新複合施設「GINZA SIX」の楽しみ方

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

デザイナーが教える新複合施設「GINZA SIX」の楽しみ方
J-WAVEで放送中の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。3月22日(水)は、4月20日に開業する大型複合施設「GINZA SIX」から出張生放送!「GINZA SIX」を手がけたインテリア・デザイナー、グエナエル・ニコラさんをお迎えしてお話を伺いました。

「3年間このプロジェクトに携わったのですが、完成するまでずっと、このことばかり考えていて、スケッチから始まってモックアップな様々なものを見てきましたが、現実は必ずイマジネーションを超えますから、私も非常に楽しみです」と語ったニコラさん。

二コラさんが担当したのはパブリックスペースエリアで、“GINZA SIXの顔”ともいえる部分。建物のアイデンティティや、いかにサプライズを届けるか、どんな色や要素を取り入れるか、などが基幹となり、デザインが広がっていったと言います。また、「アイコンになるような場所」にしたいと考え、映像や写真で撮っても“メディア映えする場所”として、訪れた人が今どこにいるか瞬時に判るようなデザインにしたそうです。

今回、ニコラさんが手掛けたデザインは、日本人に見せると「凄く日本ぽい」といわれ、外国人に見せると「未来的」と、違った反応が返ってきたそう。「そこがまさに日本の様式の素晴らしさで…過去と未来を超越したタイムレスな部分。だからこそ、日本の伝統を取り入れました」(二コラさん、以下同)

さらに屋内は、舞台で振り付けをするように、人がどう動くかリズムをつけ、普通の直線だと驚きがないので、道が広くなったり細くなったり暗くなったりと、来館者がゲームを楽しむような体験ができるようにしたそうです。

最後にニコラさんから、こんなメッセージが。

「まずは自身で体験して驚いてほしい。全て人間サイズで作られていて、クラフトマンシップも大事にしています。作った人が見えることが大事なんです。なので、まずは自分が驚いて楽しんで、それから誰かとシェアしたいと思ったらシェアしてほしいです」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BEAT PLANET」
放送日時:月・火・水・木曜 11時30分−14時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。