ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

井上実優、デビューシングル「Boogie Back」MV公開&ストリーミング先行配信スタート!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

井上実優が4月19日(水)に発売するデビューシングル「Boogie Back」のMVが公開された。
シングル「Boogie Back」MV (okmusic UP's)
フジテレビ系TVアニメ「ドラゴンボール超」4~6月度のエンディングテーマに決定した「Boogie Back」のMVは、ディレクターに多くのテレビCMやMVを手掛ける中根さや香を起用。撮影は全編渋谷の街中ロケで行なわれた。井上実優の歌唱シーンと、ファッション・カルチャー誌の表紙やモデルとして活躍する人気ハーフモデル・aRekとアユミ ターンブルが演じる渋谷の街で不意に出会う男女のドラマを融合させ、女性らしい繊細なタッチで、美しく、かつ楽曲が持つダンサブルな疾走感を見事に描いている。

同時に、楽曲のストリーミング先行配信がスタート。国内主要音楽配信サービス、オンデマンド型のApple Music、LINE MUSIC、AWA、KK BOX、Google Play Music、レコチョクBest、ラジオ型のdヒッツ、AUスマートパス、スマホでUSENにて、表題曲「Boogie Back」、カップリング曲「Slave」「I will be your love」計3曲のストリーミング配信、そしてiTunes Storeでは「Boogie back」単曲の先行ダウンロード配信とシングルプレオーダーが開始した。

 

さらに、オフィシャルHPもリニューアルされ、「Boogie Back」の作品スペシャルページが公開となった。スペシャルページでは「Boogie Back」のMV視聴はもちろん、CD収録全3曲の試聴、そして約5,500文字に及ぶオフィシャルインタビューも掲載されている。こちらも是非ともチェックしてほしい。

3月28日(火)には初のラジオ生放送ゲストとして文化放送「レコメン!」(22時~25時)への出演も決定。今後も続々と新情報が公開されていく井上実優から目が離せない!

「Boogie Back」MV
https://youtu.be/-1ahiGLoUM0

【配信情報】
国内主要音楽配信サービスにて「Boogie Back」「Slave」「I will be your love」計3曲ストリーミング配信中

■「Boogie Back」単曲先行ダウンロード配信&シングル「Boogie Back ep」プレオーダー受付URL

https://itunes.apple.com/jp/album/id1213686248?app=itunes&ls=1

シングル「Boogie Back」
2017年4月19日(水)発売

【通常盤】(CDのみ)

VICL-37262/¥1,200+税

<収録曲>

M-1「Boogie Back」

M-2「Slave」

M-3「I will be your love」

M-4「Boogie Back(instrumental)」

M-5「Slave(instrumental)」

M-6「I will be your love(instrumental)」

【初回限定盤】(CD+DVD)

VIZL-1146/¥1,800+税

<収録曲>

■CD

通常盤と同内容

■DVD

「Boogie Back Music Video」

「I will be your love 20160729」

【アニメ盤】(CDのみ)

VICL-37263/¥1,000+税

<収録曲>

M-1「Boogie Back」 

M-2「I will be your love」 

M-3「Boogie Back(TV version)」 

M-4「Boogie Back(instrumental)」 

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

シングル「Boogie Back」MV (okmusic UP's)
井上実優 (okmusic UP's)
井上実優ロゴ (okmusic UP's)
シングル「Boogie Back」【初回限定盤】(CD+DVD) (okmusic UP's)
シングル「Boogie Back」【通常盤】(CD) (okmusic UP's)
シングル「Boogie Back」【アニメ盤】(CD) (c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション(okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。