ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東京近郊で子どもと行きたいGWスペシャルイベント3選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ゴールデンウィークまで、気づけばあと1カ月余り。「今年は連休が少ない」なんて不満の声も聞こえてくるが、そんな年まわりだからこそ、早めに計画を立てて近場でも楽しく過ごしたい。そこで今回は、東京近郊で行われる、子連れにウレシいゴールデンウィークのスペシャルイベントを3つ紹介しよう。


1.第一ホテル東京の「オーケストラ ファミリーコンサート&ブッフェ」
子ども(0歳から参加可)から大人まで、三世代で楽しめる本格フルオーケストラによるコンサートとブッフェ。指揮者・奥村伸樹とその仲間たちによる「楽器紹介」や「指揮体験コーナー」、そして2人のオペラ歌手も登場する。昼の部は0歳から大人までを、夜の部は小学生から大人までを対象にしたプログラムを集め、ディズニーからクラシック、映画音楽まで名曲を集めたコンサートとブッフェ料理が楽しめる。5月5日(金・祝)、ホテル5階ボールルーム「ラ・ローズ」にて。料金は大人1万2000円、小学生6000円(いずれも税・サ料込)、小学生未満無料。


2.二子玉川ライズの「太陽と星空のサーカス」
4月29日(土・祝)~5月7日(日)、二子玉川ライズ・リボンストリート周辺で行われるイベント。動物などが登場するいわゆる“サーカス”ではなく、水と緑の豊かな街・二子玉川で、太陽と星空の下、みんなでおいしいものを食べて、好きなものを作って、見て、聞いて、触れて、一緒に笑って、楽しもう、という催しだ。大人も子どもも楽しめるワークショップ、選りすぐりのプロダクトマーケット、おいしいものがずらりと並んだフードマーケットや素敵なアーティストによるライブパフォーマンスなども開催される。各日11時~21時。


3.横浜赤レンガ倉庫の「Yokohama(ヨコハマ) Frühlings(フリューリングス) Fest(フェスト) 2017」
最後に紹介するのは、ちょっと足をのばして横浜赤レンガ倉庫で開催される、ドイツの春祭りを再現したお祭り。本国と同様、ビールと移動遊園地がセットになっているので大人も子どもも楽しめるのが特徴だ。5回目の今年は、例年のドイツビール・フードが中心の構成に加え、大人も子どもと一緒に楽しめるアトラクションの数を増やしている。4月28日(金)~ 5月7日(日)、横浜赤レンガ倉庫イベント広場・赤レンガパークにて。海風に吹かれながらドイツビールが楽しめそう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。