体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Pantechの低価格LTEスマートフォン「Burst」、実は1.5GHzのSnapdragon S3を搭載

2年契約で$49という非常に安い値段で販売されているPantechのデュアルコアLTEスマートフォン「Pantech Burst」、製品発表時点では1.2GHzのQualcomm Snapdragon S3を搭載すると案内されていましたが、実際には1.5GHzで出荷されているようです。最近手元に届いた実機で確認しました。Burstを販売しているAT&TのWEBサイトや、Pantechの米国サイトの仕様欄にプロセッサーの詳細は明記されていないのでCPUクロックを含めた正確な仕様は確認できませんが、1.5GHz駆動のSnapdragon S3であることは間違いありません。ちなみに、RAM容量も未公開となっていますが、OSレベルでは836MB認識しています。プロセッサーやメモリ環境はOptimus LTEやGalaxy S II LTE、HTC Rezoundなど他社のハイエンド端末と同レベルのようです。 


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS Japan、Transformer TF101 16GBモデルとTransformer Prime TF201 32GBモデル(どちらもキーボードドック付き)を発表
Samsung、3月22日にフランスでプレスカンファレンスを開催
HTC未発表の新型スマートフォン”Ville”のリーク画像が複数公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。