体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超特急が”ロンドンの無駄遣い”!? 「超ネバギバDANCE」MVティザー&ビジュアルついに解禁

超特急の5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」のMVティザーとビジュアルが解禁された。
超特急 (okmusic UP's)
MVは超特急=電車にちなんで鉄道発祥の地であるイギリス・ロンドンで撮影。メンバーが縦列に並びながら列車に扮してロンドンの街を駆け巡る、シュールで遊び心が満載の”これぞ超特急!”な作品に仕上がっている。

メンバーがそれぞれロンドンの地から目的地に向かって出発。途中メンバー同士が街中で出会い、徐々に連結しながらビッグ・ベン、アビイ・ロード、ウォータールー、タワーブリッジ、カムデンなど、ロンドンの数々の名所を駆け巡る。そして最後に全員が辿り着いた場所は、イギリスの”顔”でロンドンの主要鉄道ターミナルであるキングス・クロス駅。ヨーロッパ大陸を繋ぐ国際列車ユーロスター(=新幹線)を背景にパフォーマンスするという、バラエティに富んだ内容だ。”超”が連呼される楽曲は、絶大なインパクトを残す振り付けとともに話題になること必至。

また、ジャケット写真およびビジュアル写真も同じくキングス・クロス駅にて、イギリスとヨーロッパ大陸を繋ぐ国際列車ユーロスター(=新幹線)を背景に撮影された。

過去にマドンナ、カイリー・ミノーグ、エイミー・ワインハウスなど錚々たる世界的アーティストや、映画「ダ・ヴィンチ・コード」の舞台としても使用されるなど、イギリスの“顔”となる場所でのロケは日本人アーティストでは超特急が初となる。

超特急は、4月から5周年ツアーを開催。グループ史上初の5万人を動員し、日本を縦断する。ぜひシングルと併せてチェックしてほしい。

【超特急 コメント】
■1号車コーイチ

スーパー超特急らしい?!

今までよりも何倍もスーパーなMVが完成しました!!

超特急がロンドンを駆け巡る?!

ぜひお楽しみください!

■2号車カイ

ついに!5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」のMVが解禁されます!

イギリスで撮影したMV、一体どんな仕上がりなのか!

鉄道が生まれた国イギリスと超特急の最高のコラボご堪能ください。

■3号車リョウガ

皆さんの期待を裏切るMVが出来上がりました!

ロンドンという素敵な場所でまさに超特急な事をしまくりました。

英国紳士が住まう街を超特急が駆け回るぜ☆

「かっこいいけどなんかダサい」を感じてくださったら嬉しいです!

■4号車タクヤ

5周年にして最高な作品ができました。

まさに”ロンドンの無駄遣い”。超特急にしかできない超特急らしいMVの完成です。

みていてワクワクしてきます。ロンドンの街並みに染まる僕たちをお楽しみに。

■5号車ユーキ

超特急5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」MV初解禁!!

5年の節目のシングルは自分でも想定外の楽曲!

初心にかえって超特急が全面にでています。笑

今回はまさかの鉄道の聖地ロンドンでの撮影⁉

超特急デビュー5周年でメンバー7人がロンドンの街を駆け抜ける特別車両に⁉

超特急史上もっともダサくもカッコイイ姿が垣間見えるど迫力ギャップのMVを是非お楽しみください!

■6号車ユースケ

僕たちが4月26日に発売するシングル「超ネバギバDANCE」のMVが解禁されました!!

今回のこの楽曲は5周年記念シングルで、超特急のMV史上初、海外のMV撮影とキングスクロス駅でのダンスシーン!は必見です!「かっこいいけど、あれ?」と笑っていただけるシーンがいくつかあると思います。是非それぞれ好きなシーンを見つけて楽しんでいただけたら嬉しいです!!

■7号車タカシ

超特急の超超超超いい感じなMVが完成しました!

撮影地は鉄道発祥の地!イギリス・ロンドン!

ド派手でカッコよく「超」がたくさん詰まった楽曲「超ネバギバDANCE」に注目やで!

皆さん超超超超楽しみにしていて下さい!

「超ネバギバDANCE」MVティザー
https://youtu.be/fZpF-0FOMSQ

シングル「超ネバギバDANCE」
2017年4月26日(水)発売

【SUPER DELUXE EDITION】(CD+Blu-ray)

ZXRC-1100/¥2,778+税

※初回生産完全限定盤

<収録曲>

■CD

「超ネバギバDANCE」

「gr8est journey」

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。