体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「毛穴撫子」誕生10周年!今なら可愛い風呂敷付き


お肌の黒ずみやデコボコ毛穴を何とかしたい…そんな切実な悩みに応えて誕生した石澤研究所の「毛穴撫子 重曹スクラブ洗顔」が今月10周年を迎えた。

誕生以来、“重曹パワーで憧れの毛穴ゼロ肌をめざす”というコンセプトとその実力で、悩める女子のハートを鷲づかみにし続けてきた同商品。重曹が角栓を溶かし角質を柔らげて浮かせ、さらに柔らかスクラブが汚れをかき出し、毛穴の目立たないつるりん肌へ導いてくれるというスグレモノだ。

この10年の間には、クレンジングやスキンケア、パック、ハミガキ粉などラインナップも充実し、今や人気シリーズとして男女を問わず広く愛されているという。

3月21日(火)より、10周年を記念して大人気のパウダー洗顔料「重曹スクラブ洗顔」に、おめでたい和柄の「オリジナルミニ風呂敷」がついてくる「毛穴撫子10周年感謝セット」1200円(税抜)が発売!


風呂敷には、毛穴に悩む撫子ちゃんと毛穴レスになった撫子ちゃん、さらに梅・鯛・打ち出の小槌など日本のおめでたい柄がちりばめられていて、何ともキュート。


53×53cmの小振りなサイズは使い勝手バツグンで、小物やギフト、お弁当などを包むのにぴったりだ。

「重曹スクラブ洗顔」1200円(税抜)と同価格でこの可愛い風呂敷がもらえるとあって、人気が出るのは必至。数量限定なので、欲しい人はお早目にどうぞ。

ここで簡単に、毛穴撫子の10年の歩みを年表でチェック。


2007年3月の「重曹スクラブ洗顔」誕生後、翌2008年には、毛穴のためのメイク落とし「重曹クレンジングミルク」が発売。


2009年には、うるおいに注目した「重曹泡洗顔」「重曹つるつる風呂」が仲間入りし、さらにシリーズ初の「男の子用重曹スクラブ洗顔」もデビュー。

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会