体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『CX-5 先進安全技術体感試乗会』に行ってきた!中編 ~試乗体験記~

▲湘南マツダのスタッフが同乗し、試乗スタート。ちなみに、前が新型CX-5、後ろが旧型CX-5です

▲マツダのスタッフが同乗し、試乗スタート。ちなみに、前が新型CX-5、後ろが旧型CX-5です

422mのコースで先進安全技術を体験

2月22日に湘南マツダが大磯ロングビーチで開催した、『CX-5 先進安全技術体感試乗会』。前編は湘南マツダの小林茂樹社長のインタビューやマツダ 統合制御システム開発本部 上席研究員の大村博志氏が語ってくれたマツダの考える安全性能などを紹介した。中編では、『i-ACTIVSENSE』の一部を体感できる試乗の様子を届けたいと思う。

大磯ロングビーチに設置された試乗コースは、全長約422mで、『BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)』、『MRCC(マツダ・レーザー・クルーズ・コントロール)』、『GVC(G-ベクタリングコントロール)』を体験することができる。

車線変更のヒヤリをなくす『BSM』を体験

最初は『BSM』だ。死角に入っている後続車に気づかずに車線変更しようとして、ヒヤッとした経験は誰しもあると思うが、『BSM』は、約15km/h以上での走行時、隣車線上の側方および後方から接近する車両を検知すると、検知した側のドアミラー鏡面のインジケーターが点灯。その状態でウインカーを操作するとインジケーターの点滅と警報音で警告し、車線変更の中断を促す。

実際に試すと『BSM』の警報音は想像よりも大きく、これならば接近車両を見逃すことはなさそうだ。ヒヤリ・ハット(重大な事故には至らないものの、直結してもおかしくない一歩手前のこと)を減らしてくれることだろう。また、死角に入りやすいバイクも感知するとの説明だったので、その点も心強い。

進化した『MRCC』は渋滞での疲労を大幅に軽減してくれる

『BSM』の次は、車載カメラが先行車との速度差や車間距離を計測してエンジンとブレーキを自動でコントロールしてくれる『MRCC』を体験する。以前からある安全技術だが、新型『CX-5』からは、0~100km/hまでの速度域、つまり、先行車の停止にも対応して追従走行ができるように進化した。

例えば、一般道で60km/hにセットすれば、先行車の速度に合わせて0~60km/hまでの速度で、一定の車間距離を保ちながら追従してくれる。もちろん、先行車が停止すれば、自車も自動で停止するというわけだ。ちなみに前車との車間距離は、約25~50mまでの4段階で設定できる。

実際に試すと、先行車に追随しながら、先行車が停止すると自車も減速して停止。3秒以内に先行車が発進すれば、なんの操作を行わなくても追随を再開する。3秒以上停止した場合は、アクセルを軽く踏むかステアリングにある『RES』と書かれたボタンを押すだけ。渋滞時にアクセルやブレーキの操作が必要ないので疲労軽減となり、注意力の低下も防げそうだ。

▲アクセルペダルを使わず前の車に合わせ時速40km前後まで加速。その後、前の車が停止するとブレーキペダルを使わず完全に停止した。そのときブレーキランプも点灯していた
1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会