ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ロバート・ダウニー・Jr、ドリトル先生を演じる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ロバート・ダウニー・Jrは、米ユニバーサル・ピクチャーズの映画『The Voyage of Doctor Dolittle(原題)』に出演する。本作は、動物と話ができる主人公の物語だ。

マシュー・マコノヒー主演の映画『Gold (原題)』のスティーヴン・ギャガン監督が脚本と監督を手掛ける。脚本の草稿はトム・シェパードがまとめた。

ユニバーサルは、本作を製作するために激しい入札競争を勝ち抜いた。ジョー・ロスとジェフ・キルシェンバウムは、自らが率いるロス/キルシェンバウム・フィルムズを通じ、チーム・ダウニーのスーザン・ダウニーと共にプロデュースする。

ドリトル先生は、1920年代にイギリス人作家のヒュー・ロフティングが児童小説シリーズとして創作した。舞台はヴィクトリア朝時代。動物と話をする能力を持つある医師が、人間の代わりに動物を診察する。

1967年にはレックス・ハリソンがミュージカル映画『ドリトル先生不思議な旅』でドリトル先生役を演じ、第40回アカデミー歌曲賞と視覚効果賞を受賞した。また、エディ・マーフィが1998年に映画『ドクター・ドリトル』を演じ、続いて2001年にはその続編が公開され、全世界で累計4億7000万ドルの興行収入を記録した。

ダウニー・Jrは、映画『アイアンマン』シリーズ、映画『アベンジャーズ』シリーズ、映画『シャーロック・ホームズ』シリーズ、映画『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』や映画『ジャッジ 裁かれる判事』などに出演している。次回作は、アイアンマン役で出演する映画『スパイダーマン:ホームカミング』だ。

ギャガンは映画『トラフィック』で第73回アカデミー脚色賞を受賞し、映画『シリアナ』の監督を手掛けた。また、TVシリーズ『NYPDブルー』のエピソードの脚本でエミー賞を受賞している。

ロス/キルシェンバウム・フィルムズが手掛けた作品には映画『アリス・イン・ワンダーランド』、映画『スノーホワイト』、映画『マレフィセント』などがある。ダウニーが関わった作品は、映画『シャーロック・ホームズ』シリーズ、映画『ジャッジ 裁かれる判事』、映画『ブレイブ ワン』だ。

ギャガン、ダウニー・Jr、ロス/キルシェンバウムの代理人であるCAAが契約をまとめた。さらに、ギャガンとダウニー・Jrはハンセン・ヤコブセン・テラー・ホバーマン・ニューマン・ウォーレン・リッチマン・ラッシュ・アンド・ケラーと代理人契約を結んでいる。ロス/キルシェンバウムはジフレン・ブリッテンハムと代理人契約を結んでいる。シェパードはWME、シンク・タンク・マネジメント、ジャコウェイ/タイアーマンと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。