体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

介護現場に笑顔をもたらす資格「レクリエーション介護士」を徹底解剖!

2014年9月より始まった、介護とレクリエーションの基本知識や企画・実行に特化した「レクリエーション介護士」。さまざまなメディアで取り上げられ、厚生労働省・経済産業省・農林水産省の共同制作「地域包括ケアシステム構築に向けた公的介護保険外サービスの参考事例集」にも選出されました。

ボランティアに興味がある方や、介護職に就いている方、介護業界に興味がある方など、自分の趣味や特技を活かして活躍できる資格です。今回は、レクリエーション介護士資格の運営事務局である、BCC株式会社スマイル・プラスカンパニーにお話を伺ってきました!

★今回お話を伺った方


伊藤 一彦(いとう・かずひこ)
大阪市立大学を卒業後、NEC、ベンチャー企業を経て、2002年に営業創造株式会社(BCC)を設立。2012年スマイル・プラス株式会社をグループに向かえ、2014年持ち株会社制に移行し、BCCホールディングス株式会社の代表取締役に就任。


富永 雅美(とみなが・まさみ)
一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会を運営するBCC株式会社スマイル・プラスカンパニー所属。同協会が認定するレクリエーション介護士の開発メンバーの1人でもある。通信教育のユーキャンと回想レクリエーションツール「思い出しカード」など商品開発にも携わるなど、企業とのマーケティングや開発業務を担当。レクリエーション介護士講座では、前職であるスポーツインストラクターの経験とノウハウを活かした講義や現場でのレクリエーションが人気。

レクリエーション介護士誕生のきっかけ

―――介護の中でレクリエーションに目をつけたきっかけを教えてください

伊藤:弊社サービスに「介護レク広場」というWebサイトがあるのですが、「レクの仕方が分からない」というお問い合わせを頂くようになったのです。アンケートを採ったところ、実に半数の方が、講習・研修でレクリエーションの方法を学んだことがなかったのです。そして、9割以上の方がレクリエーションを学んでみたいという回答結果が得られたんです。
スマイルプラス株式会社運営「介護レク広場」にて調査※クリックして拡大

伊藤:「レクの当番が週1回まわってくるのが辛くて…」と、レクリエーションが原因で退職されている方もいるとのことだったので、直接介護施設200件まわって、現場の意見を聞いたりしました徹底的にヒアリングしました。

富永:私と大阪の担当者とで、それぞれ100施設まわったのですが、介護施設は駅から遠い場所が多く何足もハイヒールのかかとが擦れてしまって…経費で靴代落とせないか相談したくらいです。(笑)

―――そうだったのですね(笑)介護施設を回られてどのような印象を持たれましたか?

伊藤:私自身以前は、レクリエーションは子どもの遊びと思っていたのです。しかし、たくさんの介護現場のヒアリングデータを見るにしたがって、そうではないという確信を得られたのです。レクリエーションこそ、高齢者のQOLを高める大事な意味があると。

現在、介護職員不足が問題視されていますが、今後も急に増加するなんてことはないのではと私は考えています。そこで、入浴介助はできないけど、レクならできる人材、つまりは介護職員の方にかぎらず、一般の方でもレクリエーションで超高齢社会を支えていくことができるのではと。

レクリエーション介護士って?

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会