ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、Duoに音声通話モードを導入、Alloには機械学習によるスマートな絵文字・ステッカーの選択機能を導入

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google は、ビデオ通話アプリ「Duo」に音声のみで通話できる機能を追加し、チャットアプリ「Allo」にはファイル転送機能と機械学習による最適な絵文字の選択機能を導入しました。これらの新機能はまずブラジルで提供されています。Duo はビデオ通話アプリとして昨年リリースされたので、これまではビデオ有りで通話していました。今回の音声通話モードは低速ネットワークでの利用を想定して導入された新機能です。Duo のビデオ通話でもあまりデータを消費しないと言われていますが、Google は音声通話モードにすると、「どの回線速度でも正常に動作します」と述べています。Duo の音声通話モードはトグルボタンで切り替え可能になっており、アプリの UI 上部をスワイプダウンすると現れます。一方、Allo の新機能の中で、ファイル転送機能は pdf、docs、apk、zip、mp3 などのフォーマットを送信することができ、機械学習技術を活用した “スマートスマイル“ 機能が導入されており、会話の内容から適した絵文字やステッカーを選択することができます。Source : Twitter

■関連記事
Android Oの新機能 : 「ファイル」アプリが追加
「Xperia XZs」と「Xperia XA1」のシステムダンプが流出
LG Payは6月に韓国で開始予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。