ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【Interview】取引先の状況変化をすぐにお知らせ!21世紀型リスク管理サービス「アラームボックス」の全貌

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
alarmbox_1ビジネスは、情報が命。特に、取引先の状況変化には、敏感に対応していかなければならない。

従来こうした情報収集は、緻密なコミュニケーションによって行われてきた。しかし、今はデジタル時代。SNSや各種ITサービスの発展により、企業の情報発信の手法も劇的に変化。事業の内容も、刻一刻と姿を変えている状況で、人海戦術だけでは補えない部分が、確実に出てきている。

そんな折登場したのが、この「アラームボックス」だ。取引先の状況に何らかの変化が発生した際、アラームで通知するという21世紀型のリスク管理サービス。特別な機器はいらない。スマ-トフォンかパソコンがあれば、即導入できるという手軽さも魅力だ。

提供元であるアラームボックス、代表取締役CEO、武田 浩和(たけだ ひろかず)氏に、詳しい話を聞いた。

・中小企業のためのリーズナブルなリスク管理サービス

Q1:まずは、このようなサービスを提供するに至ったきっかけから、お聞かせください。

alarmbox_2もともと弊社では、売掛保証サービスを行っていました。その中で「ネガティブな信用情報があれば、事前に教えてほしい」という声をよくいただいていました。その多くは、中小・ベンチャー企業です。

本来リスク管理は、財務体力のない中小企業やスタートアップ企業こそ行うべきですが、従来のサービスは高度な知識や高い利用料が必要な大企業向けで、中小企業にはハードルが高いものでした。そこで、そうした企業の方が利用できるような、シンプルでリーズナブルに使えるリスク管理サービスを提供しようと思い、開発に至りました。

Q2:「アラームボックス」とは、どんなサービスなのでしょうか。

alarmbox_3「アラームボックス」は、中小・スタートアップ企業向けのリスク管理サービスです。企業が登録した取引先を当社がモニタリングし、信用状況の変化やリスクを解析・発見次第、アラームを鳴らしてお知らせします。

アラームは、ネット上のデータや他の取引先による評判、業界内の情報、与信会社の情報なども参照して、最終的には判定基準に基づき、信用リスクの判断を行った上で鳴らしています。アラームの設定は、1取引先まで無料で登録可能です。

・リスクからウェブの更新、展示会開催まであらゆる情報の変動をキャッチ

Q3:このサービスを導入することで、企業はどのようなメリットを得るのでしょうか。

alarmbox_4「取引先管理」「仕入先管理」「営業支援」の3つを実現します。取引先にアラーム設定すると、変動情報をいち早くキャッチするため、早期に対策を打てます。売掛先では未回収リスクの軽減、買掛先では、安定供給を実現することができます。

また、このアラームは、ネガティブ情報だけではなく、ウェブサイトの更新情報なども通知するため、新商品情報や展示会、会社情報の変更などを、営業に生かしていくことも可能です。

Q4:今後の展開について、教えてください。

alarmbox_5まずは、「アラームボックス」というサービスを、より多くの企業に知っていただくための活動を、しっかりと行っていきたいと思っています。そうすることで、当社のミッションでもある、「すべての商取引に関わる人が安心して事業に集中できる環境」を作ることにつながっていきます。

現在はさまざまな情報を収集し、アラームを鳴らす際の判定も、熟練の審査担当者が行っています。こうした判定は、機械学習が強みを持つところでもあるので、今後は機械学習によって、さらに精度をアップしていくつもりです。

一定期間、継続利用することで、効果を発揮するという本サービス。無料から月額3800円のビジネスプランまで、3つのコースを用意している。リスクや不安から解放されれば、より前向きに仕事に取り組めるのではないだろうか。(取材・文 乾 雅美)

アラームボックス

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。