ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大人が楽しめる都内プラネタリウム3選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

宇宙を知る、一番身近な存在であるプラネタリウム。子供頃は好きだったのに、最後に行ったのがいつか思い出せない人も多いだろう。しかしプラネタリウムは日々進化している。癒しと冒険を求めて、今までに味わったことのない都内のプラネタリウムに足を伸ばそう。

■コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City

“満天”キービジュアル

2015年12月にリニューアルオープンを果たした「コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City」は超高輝度LED光源を採用したプラネタリウム「InfiniumΣ(インフィニウムシグマ)」によって星の色や瞬きを忠実に再現する。深い奥行きを感じるリアルな星空が特徴だ。“感覚の解放”をコンセプトに、寝転がって星空を鑑賞できるプレミアムシートの導入や、作品のテーマに合わせて調合したオリジナルアロマで癒されるプログラムなど大人が楽しめる工夫が凝らされている。

コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City
東京都豊島区東池袋3-1-3 サンシャインシティワールドインポートマートビル屋上
電話:03-3989-3546
不定休(作品入れ替え期間休館)
11:00の回~20:00の回

■日本科学未来館「ドームシアターガイア」

未来館(お台場)バースデイ

宇宙飛行士、毛利衛氏が館長を務める日本科学未来館。半球状の映像シアター「ドームシアターガイア」はその中にある。全天周・超高精細立体視映像システム「Atmos」を導入し、空気感や気配までも感じられるような没入感のある映像体験を特徴とする。視界をさまたげないゴーグルタイプの立体視メガネで全天周の魅力をしっかり3Dで味わうことが可能だ。迫力の映像楽しんだ後は、地上から高度400kmに浮かぶ国際宇宙ステーション(ISS)での暮らしを見ることができる「こちら、国際宇宙ステーション」などの常設展で宇宙について知識を深めてみては。

日本科学未来館
東京都江東区青海2-3-6
電話:03-3570-9151
火曜・年末年始は定休(火曜が祝日の場合は開館)
10:00~17:00(入館券の購入は閉館30分前まで)

■「PLANETARIUM Starry Cafe」

プラネタリウム-スターリーカフェ
提供:東京国際空港ターミナル

羽田空港国際ターミナルにある「PLANETARIUM Starry Cafe」ではスターリーカフェタイム(11:00~17:00)とスターリーバータイム(17:30~23:00)の間、ドリンクやフードを楽しみながら映像を楽しむことができるプラネタリウムカフェ。コーヒーなどのソフトドリンクからビールやオリジナルカクテルといったアルコールドリンクまでメニューも豊富。おしゃべりを楽しみながら友人や恋人と一緒に星空を眺めることができる。
「PLANETARIUM Starry Cafe」
東京都大田区羽田空港2-6-5 羽田空港国際線旅客ターミナルビル内
電話:03-6428-0694
年中無休
7:00~23:00

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。