ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

春に「秒速5センチメートル」を見るべき理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

春に「秒速5センチメートル」を見るべき理由
J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「LINES SING」。春のシーン、桜の描写が印象的な本を選んでいる4日間の3日目、3月22日(水)の放送では、新海誠著『秒速5センチメートル』を紹介しました。

昨年の大ヒット映画「君の名は。」も記憶に新しい新海監督。映画がヒットした理由の一つが、日常の風景を切り取った美しい映像と、登場人物たちの繊細な心とのシンクロと言われています。そんな新海監督の真骨頂が、2007年の映画「秒速5センチメートル」、桜をモチーフに切ない初恋を綴った映画でした。

監督自身が小説化した同名の本は、読めば昔の初恋を思い出し、切なくなってしまうかもしれません。

物語は、主人公・遠野貴樹の小学校時代、高校時代、そして社会人時代を描いていきます。遠野がずっと想い続けている女性はただ一人、篠原明里というかつての同級生でした。二人の両親は転勤族。二人は転校した小学校で出会い、魅かれ合います。下校途中、通学路の雑木林で満開の桜を見た明里が、なにげなく話します。

明里:ねえ、秒速5センチメートルなんだって。
遠野:なにが?
明里:桜の落ちるスピードだよ。秒速5センチメートル。

季節は春。二人の上に、桜の花びらがまるで雪のように降り注いでいました。

まもなく親の転勤の都合で二人は離ればなれに。それでもその後もずっと、二人にはお互いの存在が生き続けていて…。続きが気になる方は、小説か映画をぜひ。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。