体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラッカーなら、どうやって上司との間に信頼関係をつくるか?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第4回の今回は、「上司の信頼を得る方法」についてです。

【P・F・ドラッカーについて】

ピーター・F・ドラッカー(1909〜2005)は、オーストリア出身の著名な経営学者。激動のヨーロッパで古い価値観・社会が崩壊していくのを目撃。ユダヤ人の血を引いていたドラッカーはナチスの台頭に危険を感じて渡米、ニューヨーク大学の教授などを経て、執筆と教育、コンサルティング活動等に従事する。

ドラッカーが深い関心を寄せていたのは、社会において企業が果たす役割についてであり、生涯にわたって、組織内で人をよりよく活かす方法について研究、思考し続けた。「マネジメントの父」と呼ばれ、GE社のジャック・ウェルチ氏やP&G社のアラン・ラフリー氏など、ドラッカーを師と仰ぐ世界的な経営者は数多い。

f:id:asukodaiary:20170321155135j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

こちらは、著名な経営学者であるP・F・ドラッカー氏の言葉に「私なりの解釈を付けて読み解いていく」というこのコーナー。

世界中に支持者を持つ一方で、難解と言われることも多いドラッカー氏ですが、残された著書を紐解くことによって、長年にわたり世界的企業の第一線で指導を続けた氏の真髄に触れることができます。これを機会にぜひ氏に親しんでいただき、氏の英知をご自身の仕事に取り入れていただくきっかけとなりましたら幸いです。

本日は、下記名言解説の1回目となります。

【本日の名言】

「上司をマネジメントすることは、上司との間に信頼関係を築くことである。そのためには、上司の側が、部下が彼の強みに合わせて仕事を行い、彼の弱みと限界に対して防衛策を講じてくれているものと信じられなければならない」

(P・F・ドラッカー『プロフェッショナルの原点』)

サラリーマンの方にとって、上司と部下の関係は永遠の課題であると言っても過言ではないでしょう。

本日取り上げたこの名言は、上司との関係に悩む部下の立場に身を置く方にとって、示唆に富む内容になるのではないかと思います。万一、上司との人間関係で行き詰まっている人がいるのであれば、この名言が現状を変える突破口となるかもしれません。

部下が「上司を管理する」とは、どういうことなのか?

この言葉が革新的だったのは、ドラッカー氏が「部下こそ上司をマネジメントすべきだ」と提言したことにあります。我々の仕事が「上司に依存している」と感じるのは、多くの場合、仕事をわり振るのも、できあがった仕事を評価するのも、どちらも上司の役目だからです。

この名言は、部下とは決して「上司から指示されるのを待つだけの存在ではない」と言っています。部下こそ自ら最高の評価を引き出せるように、自ら上司に働きかけなければならない、と氏は述べている訳です。

あなたは「上司とは何か」と考えたことがあるか?

この文の主題とは、「上司とは何か?」ということです。おそらく、大多数の人にとって、上司とは「いるのが当たり前」の存在なのではないでしょうか。しかしこの名言を読むにあたり、上司という存在があなたにとって、また組織にとって、「どういう意義があるのか?」ということを理解する必要があります。

私は、上司とは「組織における最大のリソース」だと考えています。

リソースとは「資産」という意味です。もとから、会社自体がリソースの集合体でできています。たとえばブランドであったり、商品、知名度、ノウハウ、知的財産、設備、人材、取引先等々。これらが会社の価値であり、商売をする上での源泉となっています。会社は将来にわたって存続していくために、常に先行投資を行い、これらを使いながら事業を継続しています。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。