ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

北海道民で知らない人はいない? くまちゃんマークのポテトチップスてなんだ?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lc:20170308085048j:plain

北海道の人なら、一度は見たことがあるでしょう。

かわいいマスコットキャラクター「くまちゃん」。

このイラストがワンポイント描かれた、

ポテトチップスやポップコーンがスーパーなどに並んでいます。

製造しているのは、深川油脂工業株式会社

「コメ油」などを作る会社なんです。

ああ。

ご当地ポテトチップスがどのように作られているのか気になってきました。

ちょっと、行ってみたいと思います!

やってきました、深川市!

f:id:mesitsu_lc:20170308085052j:plain

ポテトチップスで飲むビールに、小さな幸せを感じております。

北海道を拠点に食べ歩き、メシ通レポーターの裸電球です。

くまちゃんのマークと目が合いまして。

「早くおいで」と言われた気がしたのです。

向かったのは深川市。

農業が盛んで北海道の米どころとしても知られています。

f:id:mesitsu_lc:20170308085103j:plain

▲化学調味料 無添加 ポテトチップス (115円)

今回はこれに密着!

シンプルなパッケージのポテトチップス。

いいですね~、ご当地チップス。

f:id:mesitsu_lc:20170308085107j:plain

国内産のじゃがいもを使って作られています。

味つけはオホーツクの焼塩!

しかも化学調味料は使わない無添加なんです!

保存料も入っていないので、お子さまのおやつにもピッタリ!

f:id:mesitsu_lc:20170308085104j:plain

そうそう、このマスコットキャラクター!

深川油脂で作られる商品に、ちょこんと印刷されたカワイイくま。

その名も「くまちゃん」

北海道民であれば、見たことがある人も多いはず!

私も小さなころから、この「くまちゃん」が印刷されたお菓子をよく食べていましたよ。

f:id:mesitsu_lc:20170308085105j:plain f:id:mesitsu_lc:20170308085109j:plain

▲化学調味料 無添加 ポップコーン (115円)

ポテトチップスだけではなく、ポップコーンも販売されています。

こちらも北海道ではおなじみのお菓子。

くまちゃんマークのポップコーンですよ!

ああ、なんだかウズウズしてきました。

見たくないですか。

どうやって作られているのか。

深川油脂のポテトチップス工場を見学

f:id:mesitsu_lc:20170308085041j:plain f:id:mesitsu_lc:20170308085042j:plain

こういう時の行動力。

もっとほかの時に発揮されないかと思う、今日この頃です。

特別に工場見学をさせていただけることになりました。

やってきたのは、深川油脂工業株式会社。

ここで、くまちゃんマークの商品が誕生しているんですね!

小さなころから慣れ親しんだお菓子ですからね。

聖地を訪れた気分です。

f:id:mesitsu_lc:20170308095715j:plain

大きな工場です!

あたりにはフンワリと揚げ物のおいしそうな香りが漂います。

さっそく見学させていただきました。

f:id:mesitsu_lc:20170308085026j:plain f:id:mesitsu_lc:20170308085025j:plain

おおお!

じゃがいもがコロコロ。

f:id:mesitsu_lc:20170308085028j:plain f:id:mesitsu_lc:20170308085027j:plain

スライスされたものが、ベルトコンベヤーで運ばれます。

表面の白い泡はじゃがいもの「アク」なんですって。

これをキレイに洗い流します。

f:id:mesitsu_lc:20170308085034j:plain

大人の社会科見学。

ワクワクします!

ここでスライスしたじゃがいもを揚げるそうです。

ピチピチと油のおいしそうな音が聞こえてきます。

香りもたまりません。

f:id:mesitsu_lc:20170308085030j:plain f:id:mesitsu_lc:20170308085032j:plain

こうやって作られていたんですね!

せっかく来てくれたから、全部見てってと。

なんでも教えてくれる深川油脂工業。

感動です。

f:id:mesitsu_lc:20170308085035j:plain f:id:mesitsu_lc:20170308085036j:plain

機械だけではなく、人の手でも選別され袋詰めされます。

くまちゃんマークのポテトチップスが誕生する瞬間です。

深川油脂が作る、「コメ油」がすごい!

f:id:mesitsu_lc:20170308085040j:plain

深川油脂工業はポテトチップスの会社。

いやいやいや、違うんです!

北海道で唯一、この工場で「コメ油」が作られているんです。

f:id:mesitsu_lc:20170308085038j:plain

油の原料は北海道で作られたお米の米ぬか!

全道からトラックで集められます。

「コメ油」は酸化安定性に優れていて、

調理をする人の「油酔い」も少ない特徴があります。

さらに、オレイン酸やリノール酸などのバランスも良く、

「食材の味を引き立てる」油なんですって。

それって、ポテトチップスに最適ってことですね!

f:id:mesitsu_lc:20170308085043j:plain f:id:mesitsu_lc:20170308085057j:plain

▲国産原料にこだわったポテトチップス (115円)

さっぱりとした味わいが特徴です。

素材の味わいをしっかりと楽しむことができます。

工場見学をしたあとに食べるポテチの味は最高ですね!

「コメ油」も使ってみましょう!

f:id:mesitsu_lc:20170308085102j:plain

▲北海道こめ油 (650円)

素材の味を引き立てる……ですからね。

何を作ろうかと悩んだ結果!

これにしました。

f:id:mesitsu_lc:20170308085101j:plain

「コメ油のアヒージョ」です。

いや~、大正解!

「コメ油」、いいですよ。

サラリとしていて、食材の味わいをしっかり感じることができます。

f:id:mesitsu_lc:20170308085051j:plain f:id:mesitsu_lc:20170308085044j:plain

ということで。

「くまちゃん」のマスコットキャラクターで愛される、深川油脂工業でした!

北海道あちこちのスーパーで買うことができますが、

いろいろな種類がズラリとならんでいるのはここ!

深川市の道の駅です。

みなさんもご当地ポテトチップスを食べてみませんか?

箱買いできる通販もありますよ!

施設情報

深川油脂工業株式会社

住所:北海道深川市広里町5丁目2-28

電話番号:0164-25-2178

kumachan.co.jp

お店情報

ライスランドふかがわ(商品はこちらで購入できます)

住所:北海道深川市音江町広里59-7

電話番号:0164-26-3636

営業時間:9:00~19:00(4月~10月)

9:00~17:00(11月~3月)

定休日:年末年始

www.hokkaido-michinoeki.jp

※金額はすべて税込みです。

※この記事は2017年3月の情報です。

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

住宅街で見つけた謎すぎる看板!「おやつのり巻き」って何だよ!
【発車します】バス・鉄道ファン必見のマニアック居酒屋「ぽぷら」に潜入【北海道・札幌】
肉の塊がドーン! 砂川市・笑飛巣の「ポークチャップ」がすごい!【北海道】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。