ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

世界初のSNSロボット犬「Soshee」が手のひらサイズでカワイイ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Soshee「犬を飼いたいな」と思いつつ、なかなか実現できないアナタ、代わりに世界初のソーシャルメディアロボット犬「Soshee」はどうだろう。

手のひらサイズのロボット犬で、ソーシャルメディアやアプリと連動し、新着アラートに反応して、カワイイ動きをしてくれる。

・Bluetoothを通じてスマホと連動

「Soshee」のモデルになっているのは、ハンガリープーリーという犬種。ドレッドヘアのような長い縮れた毛が特徴の愛らしい姿だ。

Soshee3ロボットはBluetoothを通じて、スマートフォンアプリと連動する。

・アラートごとに異なるアクションを設定できる

専用アプリから、Facebook、Instagram、Twitterといったソーシャルメディアや他アプリと同期させ、SNSの“いいね”“コメント”“フレンドリクエスト”“メッセージ”などの新着や、emailや天気、株のアラートなど、他アプリのアラートを受けると、ロボット犬はそれぞれのアラートごとに異なるリアクションをして知らせてくれる。

ユーザーはあらかじめ、好きなように設定を行うことができ、例えば、“Facebookの新着メッセージが届くと、犬がおすわりをする”といった流れだ。

犬のアクションは、尻尾を振る、吠える、うなる、お座りをする、立つ、頭を振る、伸びをするなど実にさまざま。とても愛らしい仕草は、本当の犬を見ているかのよう。

Soshee2ロボットのカラーはブラック、ホワイト、ブラウンの3カラー。好きなものを選べる。

・デザインは世界的なアニマトロニクス会社が手がける

このロボット犬のデザインを手がけているのは、ロンドンの著名なアニマトロニクス(リアルな動物の動きを再現するぬいぐるみロボット)クリエイターのチームJohn Nolan Studio。

ハリー・ポッターやパイレーツオブカリビアンといった人気映画に技術提供をしている会社だ。

・Kickstarterで出資を受付中

折り紙つきの技術をもとに開発される、手のひらサイズのロボット犬は、SNSが身近な現代人にピッタリのマスコット。ただ今、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を受付中で、順調にいけば2017年9月に提供開始の見込み。早期予約の価格は149ドル(約1万6000円)。

Soshee

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。