体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自分って何者なんだろう?」って思えるということは、何者にもなれるってこと #ふたりごと

生活・趣味

春気分が高まるのは、春を知らせる風の匂い。

上を向いて、思いっきり深呼吸したい!(花粉症の人、ごめんね!)

20代前半までは、春の訪れを素直によろこべなかった

20170322_hutarigoto01.jpg

20代前半までは、四季のなかで春がとても苦手で、春の訪れを素直によろこべなかった。

お花見シーズンになると、決まって坂口安吾の『桜の森の満開の下』って小説を思い出しては、空虚感に浸っていた。

この小説は、圧倒的な孤独が軸にある、残酷で幻想的な物語。なんだかとても寂しいというか、心臓がギュッと締め付けられるような感覚にとらわれる。

でも、美しい桜の森の描写や、繊細な主人公の気持ちなど、色々な情景が思い浮かんで、とても大切にしたいような気分にもなるものなの。

「自分って何者なんだろう?」って思えるということは、何者にもなれるってこと

20170322_hutarigoto02.jpg

そもそも昔から、春になるとセンチメンタルになって、物思いに耽る大人びた小学生だった。

自分のなかに、また別の自分が何人もいて、常にそれぞれを演じているような気がして。いつも「一体自分は何者なんだろう?」って思っていた。

当時はいつももどかしい気持ちでいっぱいだった。でも、いまになって考えてみたら、「何者なんだろう?」って思えるということは、裏を返せば、何者にもなれるってこと。

周りからどう見えようと、どう言われようと、自分で自分を「こういう人間だ」って凝り固まった決めつけを持たないことだよね。

年を重ねることは、生きてきた時間の分だけ素晴らしい経験もしているし、心に残る思い出もいっぱいある。でも、きっと偏った見解とか、余計なものだってたくさん抱えちゃってるはず。

年を重ねていくうちに、両手いっぱいに色々なものを携えて歩んでいる。でも、コップに水がいっぱいだと、これ以上注げないのと同じ。余白がないと、パンパンよね。

だから、色々なことを吸収する余白がある「なにも持ってない」ってとても贅沢なことだって感じてる。何者にでもなれる可能性を持っているから。

悩んだり、不安になったりすることも、こう考えたらパワーになるよね。

いつでもさっと初心に戻れる「気持ちの引き算」が大事

20170322_hutarigoto03.jpg

SNS時代のいま、光の速さのように流れてくる情報に押されて、自分たちの状況もすごいスピードで変わることがある。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会