ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

本日オープン!「YONA YONA BEER WORKS 新宿東口店」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

よなよなエール公式ビアバル「YONA YONA BEER WORKS 新宿東口店」が、本日3月22日(水)17時にオープン!

新宿東口店では、代表ブランドである「よなよなエール」をはじめ、「インドの青鬼」、「東京ブラック」、「水曜日のネコ」、「ハレの日仙人」など、ヤッホーブルーイングが現在製造しているクラフトビールを10種類以上楽しむことができる。

さらに、シーズンごとに、ここだけでしか味わうことができない限定醸造ビールも用意する。

ほかのビアレストランやビアパブでは、最大でも半数の種類までしか、同社製品を飲むことはできない。この特別感を味わえるのは、「YONA YONA BEER WORKS」だけ!

価格は、スモール(250ml)450円~、レギュラー(400ml)680円~、パイント(550ml)900円(すべて税抜)~。

看板料理は、福島県産の伊達鶏を使用したオリジナルの「ローストチキン」クオーター980円(税抜)~。外はパリッと、中はジューシーなテイストに仕上げている。

ハーブやスパイスなどを使用した20種類のオリジナルソーセージもおススメ。

また、今回のオープンのために、クラフトビールを使用した新メニューもお目見え。「よなよなエール」に漬け込んだステーキサイズの豚の生姜焼きや、長野産そば粉にクラフトビールを練り込んだ生地を使用したガレットピザは、ビールとペアリングする楽しみが味わえる。

そのほか、デザートには、「よなよなエール」と「東京ブラック」の2種類の味のオリジナルアイスクリームを用意。

ランチタイムは、国産食材にこだわり、すべてスキレットを使用したビアバルらしいセットメニューを提供する。

新宿東口店のインテリアは、“クラフト&ラウンジ”をコンセプトに、賑わいやノリが感じられるビールの醸造所と、暖炉を囲んだ落ち着いたラウンジサロンの2つのゾーンを設ける。

仕事帰りに、ちょっとした集まりに、女性同士の飲み会に。ぜひ「YONA YONA BEER WORKS 新宿東口店」に立ち寄ってみて。

■『YONA YONA BEER WORKS 新宿東口店』
住所:東京都新宿区新宿3-28-10 ヒューマックスパビリオン新宿東口B1F

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。