ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

たぶん九州一ディープなカレー店!?「マルハバ」の本格派過ぎるビリヤニ【福岡】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:Meshi2_Writer:20170131220433j:plain

古風な街並みとイスラムカルチャー

博多駅からJR線に乗り、北九州方面へ向かって2つ目の駅「箱崎駅」。

箱崎はかつては学生街であり、老舗の喫茶店なども残る風情ある街です。

そんな箱崎の街を歩いていたところ、何やら気になるものが……。

f:id:Meshi2_Writer:20170131220709j:plain f:id:Meshi2_Writer:20170131214606j:plain

どうやら、モスク(イスラム教の礼拝堂)のようです。

駅から歩いて3分の場所ですが、箱崎にイスラムの文化があったのですね。

さらに、その近くに飲食店らしき建物を発見!

f:id:Meshi2_Writer:20170131222217j:plain

ハラルフード マルハバ!?

f:id:Meshi2_Writer:20170131214746j:plain f:id:Meshi2_Writer:20170131214809j:plain

とりあえず入ってみると、お米や調味料など食料品を売っているお店のようです。

f:id:Meshi2_Writer:20170131222204j:plain f:id:Meshi2_Writer:20170131214918j:plain

眺めていると、丁寧で流暢な日本語で迎えてくれたのが、こちらの店主・ジャマルさん。

お店について話してくれました。

「もともと4年前にハラールショップ(イスラム教の中で、食べることが許されている食材を売るお店)としてオープンしました。ですが、仕事の合間に自分が調理したものを食べていたら、それを見ていた日本人のお客さんから「おいしそうだから食べさせてほしい」という声があって評判になり、料理も出すようになりました。そんな経緯で2年前から料理の提供を始めたので、一般的なレストランとは異なります。メニューは2〜4種類だけですが、何が出るのかは日によって変わります(店主・ジャマルさん)」

なるほど。その日の仕入れによってメニューを変えているのですか?

「いえいえ、その日に私が食べたいと思ったものを出しているんですよ。」

すごい! 完全に店主都合で動いてるのですね!

「ハハハ、そうなんです。何が出てくるのか来店してみないとわからないのに、ありがたいことに多くのお客さんに来てもらっています。ただ、人気メニュー「ビリヤニ」はお客さんからの要望もあり、毎週、金土日に出すようにしています。それでも「チキンビリヤニ」なのか「マトン(羊肉)ビリヤニ」にするかはその日の気分ですが。」

メニューはジャマルさん自身が本当に食べたいものしか作らないので、出来合いのものはなく、どの料理も手間がかかったものや品質のいい食材を使ったもの。

牛肉に関しては、ハラール処理された高品質な和牛をわざわざ群馬から仕入れているそうです。

本場の「マトンビリヤニ」に舌鼓

そして、今日のメニューはこちら。

f:id:Meshi2_Writer:20170131214957j:plain

今回は「マトンビリヤニ」「チキンカライ」を注文しました。

f:id:Meshi2_Writer:20170131220417j:plain

1皿目は「マトンビリヤニ(1,500円)」。

九州のインド料理店ではあまり見かけない「ビリヤニ」です。

f:id:Meshi2_Writer:20170131220259j:plain

お米は細長く、弾力のあるパキスタン米。そして後からじわじわくる、ほどよいスパイスの調合。

見た目のインパクト以上に、辛くてうまい!

マトンもぜいたくにゴロゴロ入っています。

よく「マトンは匂いがあるから苦手」という声を聞きますが、こちらは匂いがほとんどしません。非常に柔らかいですし、上質なマトンを使用しているのでしょうね。

f:id:Meshi2_Writer:20170131220433j:plain

ご飯の量が多いのですが、同じ味に飽きてきたらヨーグルトソースをかけて味を変えることも可能。

青唐辛子や玉ねぎ、きゅうり、ミントなど様々なものが入ったソースですが、青唐辛子の辛さが効いてますね!

スパイシーなチキンにはロティを

f:id:Meshi2_Writer:20170131220453j:plain

2皿目は「チキンカライ(1,500円)」。

日本の「カレー」とは異なり、ルーではなくスパイスとトマトを炒めたもので、「ビリヤニ」より少し辛いです。「チキンカライ」とはよくいったものですね!

先ほどのマトンもそうでしたが、こちらに入っている鶏肉も骨ごと豪快に煮込まれており、独特の風味が食欲をそそります。

f:id:Meshi2_Writer:20170131220517j:plain

こちらのメニューはライスかロティを選べるので、ロティを選びました。

ロティはパン状のもので、日本でなじみのあるナンに似ていますが、ナンよりも薄くサクサクしています。

こういうパンチの効いた味わいには、ボリュームのあるナンよりもロティの方が断然マッチする気がしてきました。

料理はどれもボリューム満点ですが、食べきれなかった分はお持ち帰りもできます。

本格的なパキスタン・インド家庭料理店は国内では珍しいので、口コミや雑誌、ウェブサイトなどで関西や関東からも多くのお客さんが来られるそうです。

毎週金曜日の13時から15時はモスク帰りのお客さんで店内がいっぱいになりますし、売り切れ次第料理の提供は終了するので、来店する際は事前に電話確認した方がいいかもしれませんね。

お店情報

ハラールフード マルハバ

住所:福岡県福岡市東区筥松3-10-13

電話番号:080-3224-9864

営業時間:11:00〜21:00、毎週金曜日のみ12:00〜21:00(料理は売り切れ次第終了)

定休日:不定休

Facebook:ハラールフード マルハバ

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年1月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

書いた人:栗山遼(くりやまりょう)

f:id:Meshi2_IB:20161028103855j:plain

1989年生まれ、福岡出身の編集者・ライター。「働き方を変えた人たち」を特集したリトルプレス『HOWLAND』を創刊。ライターとしては雑誌『ケトル』、ウェブサイト『福岡移住計画』などで執筆経験アリ。和食好きです。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

夜は鴨料理専門店、昼は博多皿うどん専門店。しかしてその実態は【福岡】
凝り性マスターが凝りに凝ったラムは、常時300種以上!「ラム酒最強宣言」カフェに夢中【福岡・天神】
料理研究家が忙しい時に食べる「サク飯」ってやっぱり栄養バランスいいの? 聞いてみた【Yuu*さん編】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。