体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チームしゃちほこ、悲願のガイシホール単独公演達成&新生チームしゃちほこ始動

チームしゃちほこ、悲願のガイシホール単独公演達成&新生チームしゃちほこ始動

2017年3月21日、名古屋発アイドルグループ・チームしゃちほこが、結成以来の悲願であった地元愛知県・日本ガイシホールでの単独公演をソールドアウト8000人のファンの前で行った。

2012年の結成当初に掲げた“ROAD to 笠寺”(「笠寺」とはガイシホールの最寄駅の名称)、“アイドル5年”と歌ってきたチームしゃちほこも4月で満5年を迎え、2月に発売した2ndアルバムのタイトルは「おわりとはじまり」ということで、まさしく5年という節目のタイミングで初めて挑むガイシホールは<1stシーズン>チームしゃちほことしての集大成の場。前回の横浜アリーナ同様、メンバーも企画会議に参加し、セットリストも一緒に考えていく形でこの日本ガイシホール公演も構成された。

チームしゃちほこのライブではお馴染みのBlur「SONG2」が会場に流れたあと、OVERTUREと共に二人の女の子がセンターステージに現れ、ライブのスタートを告げると、メインステージ中央に白いロングのチュールスカートを身にまとったチームしゃちほこ5人が登場。ニューアルバムの1曲目であり、ライブ初披露となる「プロフェッショナル思春期」の冒頭を歌い上げ、日本ガイシホールでの記念すべきライブの幕が開いた。

お花があしらわれた衣装に早着替えすると、そのまま彼女たちにとっての最初のシングル曲「恋人はスナイパー」で早くも会場のボルテージは最高潮に。

続けて「ちぐはぐ・ランナーズ・ハイ」では、スタンドマイクを使ったパフォーマンスを披露。「J.A.N.A.I.C.A.」では、ステージを覆っていた幕が落ち、名古屋城と巨大な鯱鉾があしらわれたステージセットが登場、さらにスターダスト芸能3部所属の後輩たち20名が全国から応援に駆け付け、バックダンサーとしてステージを盛り上げた。楽曲終盤にある秋本帆華のセリフでは「いまから夢叶えちゃうけどええじゃないかー!!」と初のガイシホール公演の喜びを爆発させた。

「ピザです!」では、チームしゃちほこがスタンド席に上がりトロッコで会場を1周、名古屋ではお祝い事に行う菓子まきをトロッコから行い、20名のしゃちほこダンサーズもセンターステージなどに繰り出し紙飛行機を飛ばした。

5曲目「ごぶれい!しゃちほこデラックス」を歌い終えると、伊藤がいつもの「こんにちゆー、チームしゃちほこです!ついに日本ガイシホールに来たぞー!」と告げ、メンバー紹介からお馴染みの「味噌カツ、手羽先、エビフライ」コールを行い、この季節にぴったりの曲「Chérie!」へ。そしてこの日初披露となるアルバム「おわりとはじまり」の人気曲「ロードムービー」、さらに「colors」と続けた。

ここで、ラジオ番組「しゃちほこホリデー」がスタート。番組でのリクエスト曲ということで、大黒柚姫と坂本遥奈のユニット“レディオCBC”の「レディオにおねがい」が流れ、センターステージがラジオブースとなり、しゃちほこダンサーズから6人の後輩と一緒に、この日限定の振り付けで披露された。再び5人が揃うと「でらディスコ」、「首都移転計画」、ステージ上の階段を使って披露した「いいくらし」と3曲が続く。

そして、もう一曲この日初披露となったNHK Eテレ「ねこねこ日本史」のエンディングテーマ曲、秋本帆華と咲良菜緒のユニット・チームねこねこの楽曲「秘密のセレナーデ」では、額縁を用いたハイクオリティーなパフォーマンスが行われた。

前半戦を終了してMCタイム。

ライブが始まる前、伊藤、大黒、坂本の3人が感動と緊張で舞台裏で泣いたことを告白。会場のお客さんもすでに感極まり涙を流したようで、ガイシホールというステージがしゃちほこにとっても、お客さんにとっても待ち焦がれていた夢のステージだということを改めて感じさせた。

着用していたお花の衣装が、座ると雪だるまみたいだとステージの階段上にあがって並んで座り、その状態のままMCが続く。咲良はトロッコでスタンドに上がったとき菓子撒きを忘れたようで、のちほどまくことを誓った。大黒は今日ついてくれていた後輩のしゃちほこダンサーズに「わたしの背中を見てください」と話したそうで、メンバーからは「それじゃポンコツになっちゃう!」と総ツッコミが入っていた。

そして後半戦、なぜかメキシコでしゃちほこがブームだという映像が流れ、チームしゃちほこ5人としゃちほこダンサーズ20名が連結し、PVにも登場していた“モリリン”に扮し「愛の地球祭」を披露。

メンバーカラーのお祭り風衣装に早替えした「乙女受験戦争」では、メンバーそれぞれがダンサーを従えパフォーマンス、さらに「そこそこプレミアム」では、しゃちほこダンサーズがピンクの傘を持って圧巻の光景を演出。「It’s New 世界」ではアリーナにお祭りの山車に見立てた提灯付きのトロッコが登場、トロッコからサイン入りのカラーボールを客席に投げ込んだ。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。