体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

22日は禁煙の日!電子タバコにもリスクが…喫煙に関する最新研究4つ

22日は禁煙の日!電子タバコにもリスクが…喫煙に関する最新研究4つ
実は、毎月22日は禁煙の日と定められていることを知らない方も多いのでは。

近年、受動喫煙防止法案などで禁煙への関心が高まっておりますが、禁煙によってどのような健康効果が得られるのでしょうか。

今回は禁煙による効果、禁煙が難しい理由、海外で行われていたタバコに関する4つの最新研究についてなどを医師に解説していただきました。

禁煙による健康効果

22日は禁煙の日!電子タバコにもリスクが…喫煙に関する最新研究4つ

老化を防ぐ

喫煙は活性酸素を発生させる原因であり、肺の老化以外にも様々な臓器の老化を招き、寿命を縮めます。

病気のリスクを減らす

喫煙がリスクを上昇させる病気は、肺や心臓の病気だけでなく、脳卒中、がん、糖尿病、うつ病、骨粗しょう症など多岐にわたります。

原因として、ニコチンや一酸化酸素は血管を収縮させるため、動脈硬化を招き、様々な病気のリスクを上昇させることが考えられます。

認知症を防ぐ

認知症は、脳の細胞が死んでしまったり壊れてしまったりすることにより発症します。

喫煙によるニコチンや一酸化酸素が、脳の血管の老化を招き、認知症につながります。

美容に効果的

ニコチンは血管を収縮させるので、肌に養分がうまく届かず、しわやシミになりやすくなります。

また、ビタミンや亜鉛を多量に消費してしまうため、抜け毛や白髪の原因にもなってしまいます。

よって、喫煙により、皮膚のしわや歯の変色、白髪が多くなり老けて見えます。

なぜ喫煙はやめるのが難しい?

22日は禁煙の日!電子タバコにもリスクが…喫煙に関する最新研究4つ
ニコチンは脳の受容体に結合し、快楽物質であるドーパミンを放出させ、落ち着いた気分になります。ニコチンが足りないとイライラしたり不安になり、ニコチン依存症に陥ります。

喫煙を初めてしばらくするとニコチン依存症となり、離脱が難しくなります。

また、朝起きてから、仕事がひと段落に一服するといったように、タバコを吸う行為がルーティーン化し、なかなかやめられない、といったことも考えられます。

最新研究1: 電子タバコと通常タバコの健康比較

22日は禁煙の日!電子タバコにもリスクが…喫煙に関する最新研究4つ
イギリスのCancer Research UKでは、長期の電子タバコ利用者、喫煙者の唾液と尿を分析し、主要化学物質への体レベルの影響を比較する研究が行われておりました。

電子タバコの方が健康的との結果に

結果、電子タバコに切り替えた元喫煙者は、タバコを喫煙し続ける人々と比較して、体内の毒性化学物質と発がん物質のレベルが有意に低かったことがわかり、電子タバコは従来のタバコより健康的であると考えられると報告しているものがあります。

《参照》

・Eurek Alert

最新研究2: 電子タバコと脳卒中の関係

22日は禁煙の日!電子タバコにもリスクが…喫煙に関する最新研究4つ
American Heart Associationでは、電子タバコによる脳卒中の重症度について研究が行われました。

電子タバコの方が脳卒中が重症

ネズミに通常のタバコと電子タバコの煙を吸わせ、発症した脳卒中の重症度を調査した結果、電子タバコの方が強かったという報告もあります。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。