ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

時々ふと訪れたくなる、古き良きパリが残る下町「ビュットオカイユ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

古き良きパリといえば、どこを思い浮かべますか。映画「アメリ」の舞台にもなり、芸術家が集まったモンマルトル。作家池波正太郎も映画「北ホテル」の中の下町を感じたサンマルタン運河でしょうか。

これらのエリアは確かに以前は下町情緒溢れる場所でしたが、近年は観光地化されて、残念なことに以前のような下町っぽさは少しずつなくなってきています。しかし、パリには一般的に知られていない、古き良き時代の下町が残るエリアがあるのです。パリの13区にある、ビュットオカイユを紹介します。

ビュットオカイユとは

古き良きパリが残る下町 ビュットオカイユbr /
の魅力

古き良きパリが残る下町 ビュットオカイユの魅力
ビュットオカイユとは、日本語で「鶉の丘」を意味します。中華街のすぐ隣にある小さなエリアで、メトロCorvisartが最寄駅になります。ビュットオカイユは観光客にはあまり知られていないエリア。わざわざ訪れたいような美術館やブティックもないので、地元民やパリジャンがひっそりと訪れる静かなエリアなのです。

ゆったりとした時の流れ

古き良きパリが残る下町 ビュットオカイユの魅力
古き良きパリが残る下町 ビュットオカイユの魅力
筆者はこのビュットオカイユに何度も訪れています。時々ふと何かを思い出したように訪れたくなる場所なのです。ビュットオカイユは、同じ時を刻んでいるにも関わらず、時の流れがゆったりとしているように感じられます。それは、ホテル暮らしの人たちが暮らす場所だからでしょうか。パリのホテルは高いことで有名なのに、このエリアのホテルは1か月600ユーロ台というのも見かけます。その日暮らしをしている定住地を持たない人たちの自由な空気感がこのエリアを包んでいるようです。

ストリートアートも楽しい

古き良きパリが残る下町 ビュットオカイユの魅力
古き良きパリが残る下町 ビュットオカイユの魅力
古き良きパリが残る下町 ビュットオカイユの魅力
ビュットオカイユには、他のエリアより多くのストリートアートが見られます。古い街並みが残る場所なのに、ストリートアートが街に馴染んでいます。ここのストリートアートはユーモアがありながらも、人の心に響く絵が多く見られます。このエリアでその日暮らしをするアーティストたちが描いたのでしょうか。心の奥底に流れる孤独感のようなものが感じられます。

ビュットオカイユは夜もまた楽しい

古き良きパリが残る下町 ビュットオカイユの魅力
昼間は静かなビュットオカイユですが、夜はお祭り騒ぎの様相で、賑やかな一面を見せます。このエリアにはバーやレストランがあって、他の地域と比べてお値段もお手軽。ビュットオカイユのレストランで一番人気は、Chez Gladine/シェ・グラディン。バスク地方料理のレストランです。昔のフランス映画で見るような、ボリュームたっぷりで気取らず楽しく食事が取れるレストランなのです。

ビュットオカイユは、映画の中の下町の世界がそのまま残る場所。パリの中でも日本人の筆者が唯一懐かしさを感じるエリアです。パリに来る機会があれば、下町情緒を感じに、ぜひビュットオカイユを訪れてみてください。

[All photos by Nanako Kitagawa]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。