ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

味噌汁専門店で話題の「味噌玉」メニューBEST3

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

味噌汁専門店で話題の「味噌玉」メニューBEST3
J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「7-ELEVEN GOURMET-3」。3月21日(火)のオンエアでは、横浜市・綱島に誕生したセレクトスタイルの味噌汁専門店「MISOY」に注目しました。

MISOYという店の名前は“お味噌”と、”豆乳”という意味の”SOY”を組み合わせたものだそうです。店名の通り、発酵食品を中心に、日本ならではの食事を提供しています。MISOYの方曰く「和定食のファストフード」のお店です。

「全国の味噌を集めている味噌問屋さんに相談をしながら、色々な出汁の出る具材と味噌を合わせて作る『味噌玉』を揃えています。味噌玉は、お湯を注ぐだけで味噌汁が楽しめます。実は、戦国時代の武将も携帯保存食『兵糧丸』として合戦に持って行ったという言われのあるもので、これを現代版にして家庭でも楽しめるようにしました」とのこと。味噌玉は、卓球のボールくらいの大きさです。フリーズドライとは異なり、半生タイプなので、味噌そのものの味をダイレクトに楽しめます。

そこで、「おすすめの味噌玉BEST3」を伺いました!

■ほうれん草と桜えびの彩り味噌玉

ベースに京都の白味噌を使っています。お湯を注ぐと白い出汁の中にピンクと緑が映えて、桜えびのふわっした香りも楽しめます。飲み進めるうちに、白味噌の甘さと相まって、芳醇な味わいがします。

■とろろ昆布とオクラのネバネバ味噌玉

お湯で溶いた時に、オクラのトロトロ具合や、とろろ昆布の味わいが美味しい一品です。「味噌玉の状態では、オクラは見えないんですけど、お湯を注ぐと星型のオクラが出てくるんです」と岡田。トロトロ・ネバネバする食材は「ムチン」という成分を含み、胃腸の粘膜を守ってくれます。また、とろろ昆布はうまみをアップさせています。

■クラムチャウダー味噌玉

こちらは、店内でも食べることができる味噌玉です。お湯ではなく、豆乳で溶き、お味噌なのにスープのような味わいが楽しめます。ベーコン、アサリ、コーン、キャベツなど、クラムチャウダーに入っているものを専用のドライヤーで乾燥させて味噌玉に入れています。

忙しい時など大活躍しそうな味噌玉。みなさんも、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。