ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

桜が香る「桜のチャイ」と「桜のマフィン」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

3月21日放送の「Nスタ」(TBS系、午後15時50分~)では、桜の名所で知られる吉祥寺を特集したコーナーで、「chai・break(チャイブレイク)」(東京都武蔵野市)を紹介した。同店は京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩5分ほどにある、チャイと紅茶の専門店だ。

「桜のチャイ」(842円/税込み)は、半年に1度オーナー自らスリランカで仕入れてきた茶葉に桜の葉を入れ、3分ほど掛けて高温で一気に煮出し、最後にミルクをくわえる。最後に攪拌する事で、チャイに程よく空気を含ませることでまろやかな味わいに仕上げている。最後に桜の花を乗せて完成だ。さっそくいただいたリポーターは「うーん、おいしいー!ふわふわのミルクがすごく口当たり滑らかで、このほんのり甘酸っぱい桜の香りがいいバランスで相性いいですね!」と絶賛。オーナーは「桜の葉を一緒に煮出すんですけど、そこの味とのバランスを取れるような茶葉を作っています」とコメントした。

続いて紹介された自家製の「桜のマフィン」(356円/税込み)は、外はサクサク、中はしっとりした焼き上がりの一品で、大納言小豆と桜の塩漬けが絶妙な味わいに仕上がっている。お店に来ていたお客さんは「すごく、桜の感じがしておいしいです」「まだ咲いてないので、一足先に春を感じられます」と桜の香りがするスイーツに舌鼓を打った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:chai break チャイと紅茶のお店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:吉祥寺のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:吉祥寺×カフェ・スイーツのお店一覧
魚介がふんだんに使われた「瀬戸内魚介たっぷりパエリア」
桜が香る「桜のチャイ」と「桜のマフィン」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。