ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ペットショップだったアニマルライフが生体販売をやめたワケ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

皆さんはじめまして、アニマルライフの竹堂(たけどう)です。
初めてのコラムを書いている本日、3月10日は40歳の誕生日。僕は生まれてはじめてご縁を頂き、コラムを書くことになりました。人生の折り返し地点付近で更に新しいチャンレジにワクワクと不安が交差しています。
この歳にして文才はないし、皆さんのレベル感で、「にゃんこ」の事をお話できないかもしれませんがどうかお付き合いくださいませ。
2

うにとトロ(里親募集中)

2016年10月。僕は千葉市と市川市にあるペットの複合施設「アニマルライフ」の代表に就任しました。代表就任とはいえ、僕が起業したわけでもなく、ペットに対しては詳しくありませんし、経営も素人の僕が経営に携わるなんて青天の霹靂でした。
僕が決断したのは、今まで、長い間他の事業に関わっている中で「命」に関わる仕事に触れる機会はこの先ないのではないか?今断ったら一生触れることはないのでないか?と本当に瞬時に考えて後先考えず代表になると決めました。
ただ、この代表就任は本当に本当に厳しい船出のはじまりでした。

「アニマルライフ」の以前の店舗名は「ペットのジャングル」。
「ペットのジャングル」は20年以上地元に根付いてきた店舗でした。私が所属する親会社にグループインしたのは、2015年10月。旧来の運営方法から大きく変更したのは2016年7月。生体販売を続けてきた日々に別れを告げて僕達は、「ペットショップを卒業」したのです。
「ペットショップ卒業」の決断した背景には、悲しい目にあっている、「にゃんこ」や「わんこ」が増えている現実を今まで以上に直視した事、ペットショップが世界的に見ると特別なものである事、従業員自身が生体販売に対して疑問を感じはじめていた事。ペットショップという形態そのものに歪が生じてきている事を感じ決断しました。
「ペットショップを卒業」して一番変わったのは「生体販売を完全に止めた」事。
譲渡活動(里親探し)に転換し、譲渡活動・動物病院、ホテル・トリミング・フード販売・老犬老猫ホーム、アニマルシッター等を一つの複合施設として運営しています。
1

なっちゃん(卒業生

僕達は、持続可能な「譲渡活動(里親探し)」を模索しています。
自立した事業運営(株式会社)を行い、「にゃんこ」「わんこ」の幸せと共にそれを願っている従業員の幸せと雇用の創出も含めて。
「アニマルライフ」での奮闘は次回のコラムより。

 

著者:アークス竹堂佳紀

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
にゃんこマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。