体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

要チェック!独自調査で判明した【世界のがっかりスポット】

国内外に関係なく、ガッカリしたという旅先はありますよね? ガイドブックやインターネットの記事などを見て心躍らせて訪れたものの、実際は想像よりもショボかった・・・。そんな経験、少なくない人が体験しているはずです。

旅の参考になる!?読者への独自調査で判明した【世界のがっかりスポット】
そこで今回はTABIZINEの読者498人を対象に、「今までに行ってみてガッカリした世界の有名観光地は?」と聞いてみました。

高いお金を払って行く旅行、せっかくなら間違いのない旅先に行きたいですよね。2017年にはどこか遠くに行こうと思っている人は、その旅先選びの参考に役立ててみてくださいね。

ガッカリなスポットの定番!? シンガポールの・・・

旅の参考になる!?読者への独自調査で判明した【世界のがっかりスポット】
今回の調査で最多の36票を得た観光スポットは、シンガポールのマーライオンでした。

「思っていたよりも小さい」「しょぼかった」「たいしたことない」「小さくて残念」「スケール感がない」「工事中だった」「増殖しすぎて感動が薄れた」「拍子抜け」など、残念なコメントが殺到。

確かにマーライオンは世界のガッカリ観光スポットとしても有名ですよね。その評価を裏付けるような話として、今回のTABIZINE独自調査でも、ネガティブな意見が集まりました。

しかし一部には「小さいとか言うけれど、可愛いと思った」といった前向きな意見も。最初から「大きい」「スケール感がすごい」などと期待せずに見れば、「愛らしいね」と思えるのかもしれませんね。

ちなみに「想像よりも小さかった」という評価においては、ベルギーの小便小僧、デンマークの人魚姫に関しても、同様のコメントが寄せられていました。『TABIZINE』的世界三大がっかりモニュメントは上述の3つと言えるかも!?

華の都・パリは“がっかりの都”!?

旅の参考になる!?読者への独自調査で判明した【世界のがっかりスポット】
日本人にとって、憧れの都市と言えばフランスのパリも挙げられるかと思います。しかし旅を愛するTABIZINE読者のアンケート調査によれば、パリ(あるいはパリの有名建造物)にはがっかりしたという声が10票を超えて集まっていました。

「汚い」「差別が激しい」「エッフェル塔の下で写真撮影をお願いしたらお金を取られた」「街は汚いしスリが多い」「ゴミが落ちていたりして、街が汚い」「想像以上に汚くて、パリにはがっかりした」「路地裏にネズミがたくさんいた」「街が吸い殻だらけ」など、マイナス評価が続々・・・。

実はパリの汚さについて、パリ在住のTABIZINEライターも過去記事「ありえない!日本人がフランスで驚いたこと5選〜遅刻が礼儀?〜」で紹介しています。歴史もあり、有名な建築物も多く、世界中から絶え間なく観光客を集める世界的な都市ですが、一方でがっかりしてしまう人も少なくないみたいですね。

ちなみに同じヨーロッパの人気都市ローマ(真実の口やトレビの泉、スペイン広場などローマの主要観光スポットを含む)に関するがっかり票も13票と、パリと同程度に集まっていました。

アジアの都市は総じて・・・!?

旅の参考になる!?読者への独自調査で判明した【世界のがっかりスポット】
次はアジアの都市について。日本人の海外旅行先は日本旅行業協会の情報を見ると、近隣の中国、韓国、台湾、香港などに集中していると分かります。旅費も安いですし、飛行機に乗っている時間も少なくて済むからですね。

しかし、今回の調査によれば中国の北京、上海、香港、韓国のソウルなどの主要都市は、10票前後のマイナス票が集まっていました。行く人が多い分だけマイナスの評価も増えざるを得ないのですが、アジアの観光でがっかりしている人は少なくないみたいですね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。