体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名古屋セレブ御用達!? なんとト○○フが香る、絶品たこ焼き【名駅前Bonobo】

f:id:Meshi2_IB:20170315130405j:plain

たこ焼きといえば、大阪の粉モン文化の象徴であり、庶民の味を代表するメニューである。名古屋人である私も中学時代、小銭を握りしめて近所のたこ焼き屋さんに入り浸り「チェリオ」や「ミリンダ」などの炭酸飲料を片手に小腹を満たしていた。私にとって、たこ焼きはファストフードの原点である。

そんななか、庶民の味とは対極に位置するセレブ御用達のたこ焼き店が名古屋駅の近くにあるというウワサを聞いた。

セレブ御用達!? タコの代わりにキャビアやA5等級の飛騨牛が入っていたり、ソースではなく金粉がかかっていたりするのだろうか?

真相を確かめるべく、お店へ向かった。

一見フツーのたこ焼きだが……

ここは名古屋駅前にある高層ビル、ミッドランドスクエアの裏。

訪れたのは「Bonobo(ボノボ)」というお店だ。

f:id:Meshi2_IB:20170315130213j:plain

あれ? 店構えはフツーのたこ焼き店に見えるが……。

とりあえず、注文してみることに。

f:id:Meshi2_IB:20170315130231j:plain

「何個にします? 6個? 8個? それとも、10個にする?」と、ご主人。

何しろ、セレブ御用達のたこ焼き店である。気前よく10個も注文するのはコワイ(笑)。

ここは手堅く、6個をオーダー。

f:id:Meshi2_IB:20170315130241j:plain

鉄板に生地を流し入れて、ネギや紅ショウガ、そして大ぶりなタコを投入。慣れた手つきで手際よく焼き上げる。

その様子をずっと凝視していたが、フツーのたこ焼きと何ら変わらない。ひょっとして、タコが超希少な「幻のタコ」なのか!?

そんなことを考えているうちにたこ焼きが完成した。

f:id:Meshi2_IB:20170315130309j:plain

「ハイ、700円です!」と、ご主人。

7,000円の間違いではないのか? 聞き直しても、やっぱり700円。

ちまたのたこ焼き店よりもやや高めなのは否めないが、目玉が飛び出るほど高いわけではない。セレブ御用達というのは誤報だったのか……。

たこ焼きにトリュフ風味が!

f:id:Meshi2_IB:20170315130317j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。