ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

美しい生活道具が集っています「小泉誠のデザインと暮らす」開催中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
nipponform_koizumi-makoto_01

ずっと使いたい、手触りのいい日用品

2017年3月16日(木)から4月4日(火)まで、東京・新宿の「にっぽんフォルム」にて、「小泉誠のデザインと暮らす」が開催されています。

箸置きから住宅まで、生活に必要な道具のデザインを手掛ける小泉誠さんの作品を特集して紹介。小物から家具まで毎日の暮らしを豊かにしてくれる美しい道具が揃います。

店頭に並ぶのは、人気シリーズ「WAKU-WORK」のダイニングデスクとチェアのセットや、琺瑯のコーヒーポット、南部鉄器のブックスタンドなど。小泉氏が日本各地のモノづくりの現場と協働し、風土や職人、素材、技術と丁寧に向き合って生まれた数々です。

なお、連動企画としてリビングデザインセンターOZONEの1Fでは、「小泉誠と仲間たちが考える 郊外のすゝめ」を開催中。会場デザインと展示される家具も小泉誠さんが手掛けています。

シンプルな中に素材の持つ優しさを感じるデザインをご覧ください。

nipponform_koizumi-makoto_02 三角断面の湯口が繊細なドリップを生み出すkaicoホーローシリーズ「ドリップケトル」(2種)。コーヒーポットでは珍しいIH対応です。 nipponform_koizumi-makoto_03 左:400年の歴史を持つ南部鉄のtetu「急須」。木製の蓋が手に優しいデザインです。

右:tetu「ブックスタンド」は鋳物発祥の地とされる大阪鉄器製。「手込め」で鋳込んだ砂型の表情を生かした仕上げです。

nipponform_koizumi-makoto_04

曲木盆を組み立て式の脚に乗せたasahineko「曲輪テーブル350」。サイドテーブルやお膳として使え、機能的です。

小泉誠のデザインと暮らす

会期:2017年3月16日(木)~4月4日(火) 10:30~19:00 ※水曜日休館 (祝日は除く)

会場:にっぽんフォルム

Writing:Akiko Okawa

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

限定アイテムも! ネルソンの定番・新作が集う「Fully Nelson ジョージ・ネルソンと暮らす」
約40点のコレクションを展示! 国内初のマルセル・ブロイヤーの家具デザインにスポットを当てた展覧会
エドツワキの新境地「エドツワキ 第一回 陶芸作品展 [Salt Honey] 」を開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。