体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇宙飛行士となり国際宇宙ステーションをVR体験せよ!

生活・趣味
宇宙飛行士となり国際宇宙ステーションをVR体験せよ!

2018年に民間人2人を乗せたロケットで、月周回計画を行うと発表したスペースX。夢の未来が着実に近づいている感触はあるんだけど、それでもまだまだ先の話。けれど仮想現実の中となれば話は別だ。VRはボクらを宇宙飛行士にだってさせてくれる。

いざ、地上400キロの宇宙へ

宇宙飛行士となり国際宇宙ステーションをVR体験せよ!宇宙飛行士となり国際宇宙ステーションをVR体験せよ!

これは、地上から約400キロ離れた宇宙に浮かぶ、国際宇宙ステーション(ISS)の内部を再現したイメージだ。せまいダクトのようなスペース、むき出しの配線、そこへボールやペンらしき物体がふわふわと、無重力の目の前を通り過ぎていく。

NASAらが全面協力
リアルさに自信アリ

宇宙飛行士となり国際宇宙ステーションをVR体験せよ!宇宙飛行士となり国際宇宙ステーションをVR体験せよ!

VRヘッドマウントディスプレイで知られるOculus社がリリースした、『Mission:ISS』は、ISS内部の様子を伝えるだけではなく、貨物カプセルのドッキングや宇宙遊泳しながらの船外活動など、実際にISSに生活する宇宙飛行士さながらのミッションにあたるリアルシミュレーションだ。

なんでも、実際にISSに滞在し、作業にあたった本物の宇宙飛行士らからヒアリングを行うなど、NASA、ESA(欧州宇宙機関)、カナダ宇宙庁らの協力を得て制作されたというから、“再現度”はかなりのもの、と期待してしまう。

動画だけでもワクワクできる

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会