ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

栄養満点! 海外セレブもハマる「フムス」って?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

栄養満点! 海外セレブもハマる「フムス」って?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。今週はお休み中のナビゲーター、別所哲也に代わり、ハフィントンポスト日本版編集長の竹下隆一郎と、秀島史香のナビゲートでお送りしています。3月21日(火)のオンエアでは、ケイティ・ペリーやミランダ・カーなど海外セレブもハマっているというヘルシーフード「フムス」に注目しました。

そもそも「フムス」とは何なのでしょう? 各国料理研究家で、栄養士の佐藤わか子さんによると、イスラエル、レバノン、トルコなどで食べられている、中東生まれの伝統料理だそうです。

「茹でたヒヨコ豆に、白い練りゴマやレモン、オリーブオイルや塩などを加えてペースト状にしたもので、パンや野菜などに付けて食べるのが一般的です。材料に動物性の食品が含まれていないので、アメリカやヨーロッパなどのベジタリアンが多く住む地域では非常に人気があります」とのこと。

フムスの元となるヒヨコ豆には、色々な栄養がバランスよく含まれているそうです。

■肉や魚に含まれる動物性のタンパク質と比べ、脂質が少ないのでヘルシー。しかも、植物性のタンパク質が豊富に含まれているといわれているジャガイモや白米に比べても、タンパク質の量が多い。
■むくみや疲労回復に効果があるといわれるビタミンB1も豊富に含まれているので、ダイエット中の人やベジタリアンにもおすすめ。
■ミネラルが豊富で、体内で生成することができないカルシウムや亜鉛なども含まれているため、美肌効果や髪の毛をつややかにする効果が期待できる。

佐藤さんの話を聞いた秀島は、「あんなに小さい中に秘めたるパワーが詰まってるんですね!」と感心していました。さらに、女性に嬉しい栄養素もたくさん含まれているそうです。

「女性が特に摂取したい栄養素の中には、細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用のある“イソフラボン”と、貧血予防に効果がある“葉酸”があって、ヒヨコ豆にはこれらの栄養素が多く含まれています。イソフラボンの量は豆類の中ではトップクラス。葉酸は大豆の3倍も含まれていると言われています。ダイエットや便秘の対策にも欠かせない食物繊維も、たくさん含まれていますよ」と佐藤さん。

気になるお味は、「クリーミーでふわふわ。ねっとりとして濃厚な味わい」(佐藤さん)とのこと。実は竹下も人参につけて食べたりしているそうです。気になった方はぜひ試してみてください♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。