ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ミステリー「浅見光彦」未完作を継ぐ猛者を急募 内田康夫、休筆宣言

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ミステリー「浅見光彦」未完作を継ぐ猛者を急募 内田康夫、休筆宣言
あなたの「浅見光彦」が事件の謎を解く!未完小説『孤道』を完結させてください。/画像は毎日新聞社より
ドラマ/映画化などもされている「浅見光彦」シリーズで知られる小説家・内田康夫さんが3月21日(火)、小説の休筆を宣言した。

内田さんは2015年の夏に脳梗塞で倒れた際、毎日新聞で連載していた同シリーズ作『孤道』の執筆を一時的に中断。

左半身にマヒが残ったことで、執筆を続けるのが難しくなったとして同作を未完のまま出版し、さらに完結編を公募することも明かされた。

日本を代表する推理作家・内田康夫

内田康夫さんは代表作「浅見光彦」シリーズなどで知られる推理小説家。

同シリーズは幾度となくTVドラマ化され好評を博し、1991年には小説『天河伝説殺人事件』が、巨匠・市川崑監督の手によって映画化されている。

「浅見光彦」シリーズの最新作である『孤道』は、2014年12月から毎日新聞で連載されていたが、2015年、内田さんが病に倒れたことで休載。

以降、同氏はリハビリに励んでいるが、現在のところ小説を書き続けることが難しい状態だという。

『孤道』完結プロジェクト 書き手はプロ・アマ問わず

未完のまま刊行されることとなった『孤道』の単行本は、5月12日(金)に発売予定。

特設Webサイトでは「内田康夫さんからのメッセージ」を掲載。その中で休筆が宣言されることとなった。

メッセージの中で内田さんは「未だ世に出られずにいる才能ある方に完結させてもらう」と思い立ったと記し、毎日新聞出版、毎日新聞社、講談社、内田康夫財団の協力によって今回の「『孤道』完結プロジェクト」が立ち上げられた。

応募受付は5月12日より開始され、書き手はプロ・アマを問わず。原稿の締切は、2018年4月末日までとなっている。さらに詳しい応募要項は特設サイトにてご確認いただきたい。

また、内田さんは小説を休んでいる間、短歌という表現方法で創作を続けるとのこと。今後は、講談社文庫サイト内の「内田康夫と早坂真紀の夫婦短歌」(http://www.fufutanka.jp)(外部リンク)にて作品を発表する。

なお、近年はSF作家・伊藤計劃さんの未完の遺作である『屍者の帝国』を円城塔さんが引き継ぎ共作として発表。さらに、『時をかける少女』で知られる筒井康隆さんによる唯一のライトノベル『ビアンカ・オーバースタディ』の続編である『ビアンカ・オーバーステップ』を全く無名の新人・筒城灯士郎さんが無許可で執筆、新人賞を受賞。後に著者の許諾を得て刊行に至るなど、作品が作家を超えて正統な続編として執筆される事例もある。

はたして『孤道』の続編を書き上げ、刊行に至るのは誰なのだろうか? 長きにわたり人気を集めるシリーズだけに、その動向も見逃せない。

引用元

ミステリー「浅見光彦」未完作を継ぐ猛者を急募 内田康夫、休筆宣言

関連記事

篠崎愛への愛が止まらない!グラドル狂いの小説家が10年越しにお話を聞きに行ってきました
長編漫画「BIBLIOMANIA」連載 第5話「276号室の沼」
【最高の日】3月15日に4周年を迎えた「KAI-YOU.net」ではもっと『遊び』を追求していきます

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。